FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
「弾圧に屈しないで」 平壌の少女から手紙 
(朝鮮新報 2007/01/29)  

 父親の職場に朝鮮新報社の平壌特派員が取材にくることを知った平壌市臥山小学校4年生のキム・イルシムさん(11)が在日同胞あてに手紙を寄せた

 キムさんは新聞を通じて在日同胞学生に対する暴行事件が起きていることを知り、同胞らに、少しでも力になりたいとペンをとったという。

 彼女は、「統一した祖国で幸福に暮らす日を早めるために、力強くたたかってください」と話しながら、記者に手紙を託した。以下手紙を紹介する。
◇     ◇
 アンニョンハシムニカ。

 2007年を迎え、祖国で暮らす少女、キム・イルシムが新年のあいさつを送ります。

 今も、日本反動の弾圧に屈さず力強くたたかっているであろうアボジ、オモニ、オッパ、オンニたちを思い、この手紙を書いています。

 私は以前新聞で、日本にいる在日の生徒がチマ・チョゴリを着て学校に通っているからと、日本反動から暴挙を加えられているという記事を読み、怒りを禁じえませんでした。

 アボジ、オモニ、オッパ、オンニたち、絶対に屈しないでください。

 私たちは統一祖国で必ず幸福に暮らせます。

 その日を早めるために力いっぱいたたかってください。

 私も勉強に励みます。

 それでは、その日までお元気で。




これが11歳の書く文章ですか?
それと、なぜ在日が日本でたたかうと、祖国統一の日が早まるのか理由がわかりませんね。





「団結して困難克服を」 平壌市民の激励メッセージ  (朝鮮新報 2007/01/29)

 既報のように、年始から兵庫県商工会を強制捜査するなど、日本当局が不当な総聯弾圧をよりいっそう強化する中、世界各国の朝鮮との親善団体や海外同胞団体から総聯に連帯メッセージが寄せられている。平壌市民からも多くの激励メッセージが寄せられ、1月中旬には、在米青年団体から13通の手紙が送られてきた

日本当局の総聯弾圧を糾弾

 取材先で会う平壌市民らは一様に日本当局に対する怒りをあらわにする一方で、記者に総聯と在日同胞に声援と連帯のメッセージを届けてほしいと託すことが多い。昨年末から今月にかけて会った平壌市民らの声をまとめた。

平壌高速道路旅客自動車事業所のパク・チョルチン支配人(42)
 「在日同胞といえば朝鮮学校生徒たちのソルマジ(迎春)公演が思い浮かぶ。異国で育った子どもたちが母国語で朝鮮の歌を歌い、踊りを踊る姿が目に浮かび涙がこみ上げてくる。あの小さな子どもたちが日本でチマ・チョゴリを引き裂かれ、暴行や侮辱を受けているというのは我慢ならない。総聯と在日同胞がひとつに固く団結して、弾圧を跳ね返すことを確信している」

船橋編織物工場(平壌市)のチェ・ヨンチョル技師長(47)
 「日本当局の行為はあまりにも悪らつで怒りがこみあげ、今すぐにでも駆けつけてやっつけてやりたい気持ちだ。私たちには祖国があり、人民たちは在日同胞をいつも見守っている」

朝鮮記者同盟中央委員会国際部のリ・ナクス部長(59)
 「日本の反動性を示す行為に全民族が怒りに満ちている。北、南、海外の民族の団結した力で弾圧を打ち砕いていこう

金日成綜合大学学生のオ・ソンチョルさん(27)
 「かわいい弟、妹たちがただ朝鮮人であるという理由だけで苦痛を味わっていることに胸が痛み、怒りを覚える。総聯と在日同胞のバックには朝鮮民主主義人民共和国がある。誇りと自負心、勝利への信念をもってたたかって」

人民俳優の趙清美さん(49)
 「在日同胞が日本当局の圧力で苦しい生活をしていると聞いて胸が痛む。祖国は困難に打ち勝ち、人民らは豊かに暮らす時期が近づいていると確信している。在日同胞も、総聯と同胞社会を守り発展させていくという確信を持って、困難に立ち向かうことを望む」

平壌日用品工場歯ブラシ職場のリ・キョンイル職場長(41)
 「日本人は米国の機嫌ばかり伺っている。米国は私たちをどうすることもできず制裁解除の方向に向かっているので、日本の策動も長くは続かないだろう。信念を持ってたたかいぬいてほしい」

人民芸術家のキム・スンヒさん(69)
 「総聯と在日同胞はさまざまな苦労を強いられているが、苦しいときほど朝鮮民族がかつて被った蛮行を思い出し、朝鮮民族の魂を忘れてはならない。統一の日を描きながら、打ち勝ってくれることを願っている」

チルゴル協同農場のキム・ミョンチョル農場員(42)
 「異国に住む在日同胞はどんなに苦労が多いことか。在日同胞が祖国を思うように、祖国も在日同胞をいつも温かく見守っている。わが祖国は揺るぎない。祖国を信じ、海外公民としての栄誉をとどろかせて」

平壌サーカス団舞台美術課のイン・ファウン課長(61)
 「総聯活動家と在日同胞らが寒い中でデモを行っているという記事を読んだ。今のたたかいは、幸福な未来を必ずもたらしてくれるだろう。われわれがさまざまな困難に打ち勝てたのは、一つの思想で固く団結したからだ。団結すれば勝利する、これは歴史の真理だ。総聯の団結した力でこんにちの一時的な困難を克服すると信じる」





在日同胞はわれらの誇り 在米青協メンバーの連帯手紙  (朝鮮新報 2007/01/29)
 
 米国ニューヨークに拠点をおく在米青年協議会(在米青協)から1月中旬、在日本朝鮮青年同盟中央常任委員会あてに、同会員らが書いた連帯の手紙13通が送られてきた。

 在米青協は昨年11月、朝青、青商会、留学同の活動家と同胞青年らが国会前でデモを繰り広げ、院内集会を行った際に、在米青協の名で連帯メッセージを送ってきた。今回は、会員ら一人ひとりが自身の思いを込めたメッセージが届けられた。その一部を紹介する。

 「日本で力強くたたかう同胞のみなさん。勝利への信念を抱き、行く道は険しくとも笑っていきましょう」(カン・ビョンチョル)

 「日本政府の対朝鮮人差別および弾圧に立ち向かいたたかっていく中でどんなに苦労が多いことでしょう。みなさんの努力と姿勢に感動し、心から連帯の意を表します。朝鮮人としてのプライドを持ったみなさんの活動は、ニューヨークに住む同胞青年たちの誇りです」(リ・ジュヨン)

 「みなさんの熱い祖国愛と人権闘争は在米青年たちの胸にも火を灯しています。みなさんの健康と勝利を祈願します」(パク・ヘジョン)

 「海外同胞の民族的尊厳を守るため全身全霊でたたかっている在日の青年たち。私たちはその高貴なたたかいをいつも忘れることなく、ともにたたかっていくでしょう」(ハン・イクス)

 「困難な環境の中で熱心に努力しているみなさんからたくさんの勇気をもらっています。勇気を失わず勝利してください」(パク・チェウ)
【注】在米青協は、米国各地の青年団体と青年たちをまとめる運動団体として、祖国の統一と民族の繁栄、発展に貢献し、在米同胞の民族的権利を擁護することなどを目的に2006年1月に結成された



2007年01月24日
「総連への弾圧をヤメロ」とみんな言っているニダ!

2007年01月26日
「倭国は総連と在日への弾圧を中止しろ」と本国も言っているニダ!




次々とメッセージが届いているようですね。次は社民党あたりですか?



韓国・北朝鮮の嘘を見破る―近現代史の争点30
鄭 大均 古田 博司

韓国・北朝鮮の嘘を見破る―近現代史の争点30
歴史の嘘を見破る―日中近現代史の争点35 “日本離れ”できない韓国 在日の耐えられない軽さ 在日の地図 ~大韓棄民国物語 別冊宝島『嫌韓流の真実! ザ・在日特権~朝鮮人タブーのルーツから、民族団体の圧力事件、在日文化人の世渡りまで!~』
by G-Tools
北朝鮮ニュース | コメント(27) | トラックバック(0)
コメント
  1. どうして帰って来いと言えないの?
  2. 引取れば済む話。日本も迷惑している。
    そして拉致被害者を返せ。
  3.  そこまで暖かいコメントを送れるんだ、当然全員が帰国しても成分なんかでサベチュしないよな?パンチョッパリなんて言わないよな?な?な?w
  4. >不当な総聯弾圧
    どのへんが「不当」なのか具体的に説明してみろ。
  5. >具体的に説明してみろ。
    こちらが説明に窮するような配慮の無い行為が「不当」ニダ
  6. ミミタコになるほど既出だが、なぜ引き取ると言わない。総書記に懇願して在日同胞を全員祖国に引き取るように計らってもらえよ。引き取った同胞を農業に従事させれば食糧事情も少しは改善するだろうよ。祖国の飢えた人民とは違って、在日は肥えて体力が有り余っているから仕事もはかどるだろ。
  7. 在日全員が帰国して、南北統一することは日本人の祈りでもあります。
    一秒でも早く実現してください。本当にお願いします。
  8. 結局、半島にしろ中国にしろ日本が羨ましいんだよ。
    亜細亜で唯一欧米の支配を免れた歴史的にもしっかりした独立国家、経済大国としての存在、その存在すべてにおいて。
    しかもそんな国が目の前にあるんだから羨ましくもあり、また憎いのだろう。
    だからこそあの手この手で日本を取込むのに必死なのだろう。
    だが朝鮮人、ならびに中国人にはっきり言っておく。
    キミ達が日本を支配下に置いたとしてもその栄光をキミ達が享受できると思わないことだ。
    なぜなら君達の支配する日本は確実に没落するからだ。
    それは現在のキミ達の国を見れば明らかなことだ。
    ただ残念なのはそのことに多くの日本人自身が気付いていないことだ。
    俺は例え微弱でもコメントと言う形で日本のために力になれたらと思い日々行動している。
  9. http://izanagi.iza.ne.jp/blog/
    朝鮮人怖い・・・。
    笑っていいのか怒っていいのか・・・。
    4月から教師て・・・。
  10. http://izanagi.iza.ne.jp/blog/
    この人怖い、
    関根さんを足手まといだとか日王だとか、
    差別意識の塊ですね。
  11. >イバさん
    男じゃなくて少し安心したw
    …が、日本、現地で反日教育始めるんだなぁ
    学校の行事も何故か半島色に染まり半島人の講演に給食はキムチがデフォ…
    少しでも反対したら差別ニダとファビョる…
    こんな小学校に入ったが最後、人生狂うわな
  12. http://izanagi.iza.ne.jp/blog/
    この朝鮮人、工作員だニダ。
    ウリ達と関係ないニダ。
  13. 強制連行だ!と怒って、
    強制送還だ!と怒る。。。
    ・・・わからん。
  14. マル派さん
    >引き取った同胞を・・・食糧事情も少しは改善するだろうよ。
    >祖国の飢えた人民とは違って、在日は肥えて・・・
    読み違えて、一瞬怖いことを考えてしまいましたが、
    よく考えると、あながち間違いでもないかなっと。
  15. >小野まささん
    >怖いこと
    はっ!その手があったか!
    …とは言ってはいけませんね。人道的に。北朝鮮に人道があるかどうかは知りませんがw
  16. >イバさん
     イザナギって、有名な反日偏執狂ですよ。
     物事の道理も判らないヤツはそのうち自爆するから、放って措きましょう。
  17. 反動の支配する敵国日本にどうして何代にも渡って棲み続けるのは何故どうして?
  18. 在日朝鮮人どころか在日韓国人も一緒に北朝鮮で引き取ってください。日本人を拉致しなければ嫌われずにすんだのですが。
  19. もういいから帰れよ・・・
  20. 敵地で孤軍奮闘してる自分かっこいいニダー
    あたりでしょうか
  21. http://izanagi.iza.ne.jp/blog/
    朝鮮人にもバカ扱いされる小沢バロスwwwwwww
  22. めんどくさいから全部奴隷船で半島に送り返そうよ。
    社民党と一部民主党員と自民党の売国議員もつけるからさ。
    で、帰ったら帰ったで「在日在日」って差別されるんだろうな。
    かわいそうに。
  23. もういいから半島に帰れ莫迦ども。二度と日本にあしを踏み入れるな。
  24. >日本でたたかうと、祖国統一の日
     世界征服のまちがいじゃあねえの?
  25. 日本人でも勘違いしてる人も居るかもしれませんが、北朝鮮ってのは社会主義国家です。
    社会主義国家で一番キーポイントとなるのは、何か?
    それは、「階級社会」であるという点。
    ソ連も中国もそうである(あった)ように、階級が違えば、処遇は天と地ほど違うもの。
    そして北朝鮮では、日本人妻や在日朝鮮人など日本に出自がある人は「叛乱成分」と規定され、最下層に分類されているのですよ?
    >>泳ぐ鳥 さん
    >キミ達が日本を支配下に置いたとしてもその栄光をキミ達が享受できると思わないことだ。
    >なぜなら君達の支配する日本は確実に没落するからだ。
    >それは現在のキミ達の国を見れば明らかなことだ。
    ありましたね、朝鮮通信使らが日本の京都や江戸を見物し、絢爛さに仰天したあとで「この犬にも劣る倭人どもを排除して、この美しい都を皇帝に差し上げたいものだ」と感想を述べている手紙が。
    だいたいその美しい都ってのは、この朝鮮人らが言うところの「犬にも劣る倭人」たちが、長ーい年月をかけて、地道に整備し作り上げていった末の成果そのものだという事を、見事に忘れてるあたりが滑稽ですな。
  26. 全く同感です。
    彼らも自分達が惨めになるだけなんだから先人たち言うとおり
    「犬にも劣る」我々の国なんかに関わらなければいいと思いますね。
    ><; さん
    機会があれば一杯おごらせて下さい!
  27. >>泳ぐ鳥 さん
    すみません、私、下戸なうえに、いま紀伊半島南部に住んでますもので(^^;
    ただ、お気持ちだけでも、ありがたく受け取っておきます。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。