FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
「『ヨーコの話』の最大の過ちは被害者と加害者を入れ替えた点」
(中央日報 2007/02/17)  

  「ヨーコの話」(原題:So Far From Bamboo Grove)の著者の記者会見が行われた15日午後(現地時間)、米ボストン郊外の「ピースアビー(Peace Abbey)」本部。

  「南京」と書かれた黒いTシャツ姿の米国人がこの本の著者であるヨーコ・カワシマ・ワトキンス氏(73)に対して執拗に質問を浴びせた。 南京は、日本が中国人30万人を残酷に殺害した「南京大虐殺」があった中国の都市。 彼は日本の蛮行の象徴である「南京大虐殺」を意味する服を着て質問を浴びせ、ヨーコ氏を困惑させた。 その男性は人体実験で悪名高い日本軍「731部隊」研究の世界的な権威者ダニエル・バレンブラット氏だった

  バレンブラット氏は05年に731部隊の残酷像を告発した「人間性に対する呪い(A Plague upon Humanity)」を出版し、世界的に注目された。 世界的な出版社「ハーパー・コリンズ」から出版された著書で「日本は満州で中国人老若男女を相手にぞっとするような生体実験を行なった」と主張、具体的な証拠まで提示して大きな波紋を起こした。

  そのバレンブラット氏が「ヨーコの話」の疑惑を暴く先鋒になったのだ。

  バレンブラット氏は、ヨーコ氏を支持しようと記者会見場に集まった多数の米国人とは完全に違った。 ただ彼だけがヨーコ氏の小説は事実でないと声を高めたからだ。

  バレンブラット氏はこの日、「ヨーコの話」をクリストファー・コロンブス著の「So Far From Genoa」と比較し、一つひとつ問題点を指摘した

  「So Far From Genoa」は1492年に西洋人としては初めてアメリカに足を踏み入れたコロンブスの日記を基礎に作成された歴史小説であるのに対し、 「ヨーコの話」は事実に基づかず虚構と誤った歴史解釈で満たされている、という主張を繰り広げたのだ

  さらに彼は「この本の最も大きな過ちは被抑圧者と抑圧者、被害者と加害者を逆に描写したこと」と強調した。

  バレンブラット氏は「‘ヨーコの話’論議に飛び込んだのは自分が731部隊の専門家だから」と述べた。 「ヨーコ氏の父は731部隊の幹部」という疑惑が提起された際、韓国人の保護者らが真偽確認のため彼を訪ねたのがきっかけになった。

  バレンブラット氏は「最初は気乗りしなかったが、保護者らの誠実で詳細な説明に感服し、その主張が事実であったため、この小説の疑惑解明に率先することになった」と語った。

  バレンブラット氏は現在、ヨーコ氏の父が731部隊幹部だった可能性を執拗に追跡している。 ハーバード大とUCLAで勉強したバレンブラット氏は、ワシントンポスト紙など米主要メディアに第2次世界大戦当時の日本の生物化学兵器開発計画を暴露する文を寄稿し続けている。

顔をみただけで002.jpg



「‘ヨーコの話’はすべて事実」…著者が繰り返し主張
(聯合ニュース/中央日報 2007/02/16)一部抜粋

  この日の会見を見守った731部隊研究専門家のダニエル・バレンブラット氏は「ヨーコ氏の顔を見ただけで嘘をついていることが分かった」とし「この本は表紙、冒頭から嘘だ」と語った

顔をみただけで.jpg

上記の発言が載っている聯合ニュースの元記事(韓国語)






本人のブログ!


ダニエル・バレンブラット氏のブログ 2007/02/17

おいおい! 僕はそんなこと言ってないぞ! 完全な捏造・誤引用だ

僕が言ったということになっている発言が他所のサイトに出てますが、偽の引用ですので緊急でお知らせします。

www.occidentalism.org というサイトに、以下のように僕が言ったという引用がなされています。同サイトの著者が聯合ニュースの配信記事をご自分で英訳されたものです

:「会見に出席していた731部隊研究者のダニエル・バレンブラット氏は、『Ms.ヨーコの顔を見ただけで、彼女がウソをついていると分かる』『この本は、表紙から最終行までウソだ』と語った。」

今この文章を書いている、私、ダニエル・バレンブラットは、上記のような2つの発言を、どちらも絶対にしていません。どちらにも同意いたしません。

ワトキンス女史の著書『竹の森遠く』が「表紙から最終行までウソだ」などとは思っていません。僕が記者に話した意見は、他の人に話しているとおり、

「この本には、最初の文にも見られるように、いくつかの深刻な事実誤認がある」、「この本は残念なことに全体を通じて、この時代のアジアで誰が抑圧者であり被抑圧者であったかを逆に描いており、植民者である日本人たちが植民地の朝鮮人による迫害の犠牲者だったという、史実に反する誤った全般的印象を、読者の子供たちに与えてしまう」、というものです。そうした本を教材に使うべきではないし、自伝的歴史小説として示すべきではない、ということです。

また、www.occidentalism.org のフロントページにこんなふうに書かれているのを遺憾に思います

:「バレンブラット氏は、『"コリアンの生徒たちは皆、この本を理解してくれている"とMs.ヨーコが言うのを聞いて、激しい怒りをこらえられなかった』と述べた。」

こんなことは、記者にも誰にも、絶対に言ってません。あのですね、そんな「激しい怒り」なんて、僕は今も持ってないし、今までにも持ったことありません!

更に、「バレンブラット氏は、『コリアンを悪者に描いた本にコリアンの生徒たちが理解を示した、と言うなど、バカげている』と指摘した。」とも書かれています。これも捏造です。こんなこと一言も言ってません。<中略>

こんなヒドい捏造引用は今まで見たことがありません。聯合ニュースのせいなのか上記サイトの誤訳なのか分かりませんが、僕は責任者に対して、直ちに記事を削除・訂正するよう要求するものです。責任者はまた、僕のほか、ヨーコ・ワトキンス女史、韓国国民、日本国民などの関係者や、記事を目にする公衆に対して、謝罪すべきです。(翻訳 2ch 犇@犇φ氏)

バレンブラット.jpg







味方(?)であるはずの反日研究家を自ら敵に回すとは……。



自爆―THE JUDGEMENT DAY
田代 まさし

自爆―THE JUDGEMENT DAY

by G-Tools
日本ニュース | コメント(22) | トラックバック(0)
コメント
  1. またか・・・・。
    もう驚かない・・・・。
    チョンのやり方は、ワンパターンだな。
  2. コメントを捏造ですか・・・
    自分の思い通りにならないコメントだと、こうなることが判ってないアメリカ人も悪い。
    捏造する方がもっと悪いのは当然だけどね。
  3. ここまで明快に否定されると、いっそチョンが哀れだw
  4. だが,こいつは自説そのものについては何ら変えていない。
    嘘吐き同士が争ってるだけだ。
  5. バレンブラット氏に少しでも脳があるのなら、自分がこれまで特亜に聞かされて来た事にも嘘が混じっているのではないかと思いつきそうなものだが・・・
  6. しょせんこの程度の連中だってこと。
    でも朝鮮人には今後も捏造に精を出し続けもらいたいものだ。
    いくらバカでもこんな事続けられたら真実は見えてくるだろ。
    時間はかかるけどな。
  7. イヂメテホシインダ‥。
  8. 何のことは無い、、
    ただの責任逃れですね、、、
    これが「法則」です、、、
  9. そもそもなぜ自分が引っ張り出されたか、
    考えてみればいいのに。
    731部隊とヨーコ本とは何の関係もないでしょ。
    自分の活動を宣伝するために出てきたのか、
    利用されてるだけなのかわかりませんけど。
  10. 朝鮮は相変わらず捏造で自爆かい。捏造しないと気がすまんのか。
    >日本軍「731部隊」研究の世界的な権威者
    こんなのに権威なんてあるのか?一部隊の行動を研究しているだけだろ?それより広島と長崎で壮大な人体実験をしたアメリカを追及しろよ。
  11. バカとバカの貶し合いか…
    見苦しいね。
  12. 起きた事実にして「被害者と加害者を入れ替えるな」って無茶苦茶な理論だな。
  13.  バカ同士の潰し合い・・・・
     日本が絡まなきゃ、これほど面白い見せ物は無かったんだが・・・・
  14. このおっさん滅茶苦茶だよ。
    731部隊は58万人殺したとか、中共のスポークスマンじゃん。
    この会見に南京セーター着ていったと本人認めてるし、 ただの反日活動家だな。
    「I was not wearing a T-shirt, it was a black sweatshirt worn over a turtleneck, with “Nanjing” written in small letters less than a 1/2 inch in white,」
  15. ちなみに、731部隊は最近資料が公開され、細菌兵器部隊ではなく、検疫部隊部隊だと立証された。
  16. さすがgdgd
  17. TBSとやり口がそっくりですねw
  18. Msヨーコが云っているのは、下記の事件でしょう。
    <大日本史番外編朝鮮の巻より転載開始>
    惨憺たる北鮮引揚げ
    日本の連合国への降伏により、日本軍は38度線を境に、南鮮はアメリカ軍、北鮮はソ連軍へ降伏するように指令された。南鮮の日本人は終戦の年の暮れまでにほとんどすべて引揚げたが、北鮮では約31~2万の日本人がそのまま残っていた。もともと北鮮に住んでいた27~8万と、満州から戦火をさけて逃げてきた4万人である。北鮮にはいってきたソ連軍は、満州におけると同様、略奪、放火、殺人、暴行、強姦をほしいままにし、在留日本人は一瞬にして奈落の底に投じられることになった。白昼、妻は夫の前で犯され、泣き叫ぶセーラー服の女学生はソ連軍のトラックで集団的にら致された。反抗したもの、暴行を阻止しようとしたものは容赦なく射殺された。
    「各地の凄惨な記録は読むにたえない」と、『朝鮮終戦の記録』の著者森田芳夫氏は書いている。それらは主としてソ連軍兵士によって行なわれたことであり、また占領地の住民の保護にあたるべきソ連軍当局の責任であることは明らかだが、ソ連兵に触発された朝鮮人の暴行も多かったし、ソ連軍を背景に行政権を掌握した北鮮の人民委員会も、その責任はまぬかれない。たとえば3000名中、その半数が死亡した富坪の避難民の情況を調査するため派遣された咸鏡南道人民委員会検察部、李相北情報課長自身、次のように報告している。
    …かれら(在留日本人)の大部分は、途中において衣類、寝具等を剥奪され、零細なる金銭と着衣のみにて咸興市内に殺到したるも…
    われわれは36年間の日帝の非人道的支配に反発し、立場が逆になった日本人全般に対する民族的虐待という、ごく無意識のうちにファッショ的誤謬をおかしたことを告白せざるを得ない。…
    駅前に雲集せる三千余名の避難民を空砲と銃剣を擬して、即時咸興市外脱出を強要し、市外に追放した。その結果、断え間なく降りつづいた雨中の川辺と路傍に野宿し、極度の困憊(こんぱい)と栄養不良を激成し、…
    富坪避難民の宿舎は実にのろわれたる存在である。それは実に煤煙と、あまりの悲惨さに涙を禁じ得ない飢餓の村、死滅の村なり。襲いくる寒波を防ぐため戸窓はたらず、かますで封鎖され、白昼でも凄惨の気に満ちた暗黒の病窟なり、それは避難民を救護する宿舎ではなく、のろいを受くる民族のまとめられた死滅の地獄絵図にして、老幼と男女を問わず、蒼白な顔、幽霊のようにうごめくかれらは皮と骨となり、足はきかず、立つときは全身を支えることもできず、ぶるぶるふるい、子供たちは伏して泣す。無数の病める半死体はうめきながらかますのなかに仰臥しており、暗黒の中にむせびつつ、……そこに坐しているのは実に地獄の縮図以外の何ものにもあらず…
    (森田芳夫『朝鮮終戦の記録』)


    一日も早く引揚げさせてくれという要望はソ連軍当局によって無視され、日本人はただただ餓死を待つよりほかない状況に追い込まれた。こうして在留日本人社会では「38度線さえ越えれば」というのが唯一の悲願となった。やせこけた身体に乞食のようなボロをまとい、山を越え谷を歩き強盗にささやかな所持品を奪われ、歩哨の銃弾にたおれ、そして時には泣き叫ぶ子供の口をふさいで死にいたらしめるまでして、人々は南にたどりついたのである。38度線は朝鮮民族にとっては何十万の血の流れた同胞争闘の境界線となったが、20万を超える日本人にとってもまた、血と恨みにいろどられた『天国と地獄の境』となったのである。
    <引用終わり>
     何度読んでも、血液が逆流する様な思いが湧いてくる、この人達の無念の死を誰が償えるだろうか、ロシアの残虐行為は勿論だが、事大主義の朝鮮人の裏切りも、未来永劫許されては成らない事だ。
     日本政府がちゃんとコメントを残していないから、こんなインチキ外人から飯の種にされる羽目に成るのである。
  19. アメリカは歴史問題では特アと同類だと思っていますから、アメリカの歴史研究家に知的誠実なんて期待していません。史料を厳密に検証すると、自国の悪辣さが明るみに出て歴史上のアメリカの正義が虚偽であるという事実に直面するでしょうから。
    そのためアメリカとしても歴史研究で必要なのは、あるべき歴史を補完する事象であって史実ではないのです。
    だからこんなものは同族間の仲間割れとしか感じられません。
    ド=ゴールがアメリカ人について述べた言葉が思い出されます。
     自分の物質的な力に浮かれ、
     もはや自分の精力の十分なはけ口が
     自身の中にないと感じると、
     どこかで屈従の身にあるものを助けたいと思う、
     支配欲をひそませた、あの干渉趣味
  20. 呆れて言葉も出ないのですが。
    いい加減「真実」は
    「仲間内だけで通用するお手盛りのなにか」ではなく
    「誰がどう見てもそうとしか見えないもの」
    である事を学んで欲しい物です。
  21. 国対国の侵略・被侵略の話は世界的な歴史観がどうこう言う余地があるだろうが、戦時に生きた個人的な一市民の私的な体験に「侵略国の国民が…」とかそういう大きすぎる視点を持ってくるのがナンセンスなんだよ。
    侵略する側もされる側もただの市民にとって「戦争」は残酷なんだからやめようという話だと思うんですが…。
    物事にレッテルを貼りたがる人はレッテルこそが全てで、そのレッテルの下の本質を見てないですね。
    アホクサ。
  22. バレンブラットも朝鮮人も同じ反日レイシスト同士、
    仲良く死んで欲しい

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。