上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
「英語を習いながら金儲け」…豪で遊興飲食店就職あっ旋
(聯合ニュース/中央日報 2007/04/24)  

 観光(ワーキングホリデー)ビザで韓国人女性89人をオーストラリアの遊興飲食店に送り、売春をあっ旋した後、その見返りを受けてきたブローカーが警察に摘発された

  ソウル警察庁外事課は24日、ワーキングホリデービザの発給を受けさせた後、女性を遊興飲食店に就職させる見返りに金を受け取った容疑(性売買斡旋等の行為の処罰に関する法律違反)でイ容疑者(33)やホン容疑者(28、女)ら3人を非拘束立件した。

  警察はまたオーストラリア警察と協力し、現地就業あっ旋担当のソン容疑者(48、女)とオーストラリアで遊興飲食店を経営するキム容疑者(46)の2人を追跡している。

  警察によると、イ容疑者らは03年7月から最近までインターネットサイトの掲示板に「オーストラリアの遊興飲食店で働けば高収益を保証」という広告を出し、87人の女性を募集した後、韓国系移民者キム容疑者が経営するシドニーのA遊興飲食店で働かせ、ビザ手数料と斡旋料名目で7200万ウォン(約900万円)を受けた疑い。


  ホン容疑者らは昨年9-10月、「オーストラリアでお金を稼ぎながら英語を習える」と偽って韓国人女性2人を募集した後、オーストラリア・ニューサウスウェールズ地方の中国人が経営するB風俗店で働かせ、1人当たり10万ウォンで性売買を強要してきたという。


  調査の結果、イ容疑者らは「1時間当り3万5000ウォン、2次(売春)は70万ウォン、個人チップは200万ウォン、1カ月最高400万ウォン稼げる」と広告を出して女性を募集、実際、A店で働いた女性の中には遊興飲食店従事者のほか、ソウルや地方の大学生、休学生、塾の講師、会社員も含まれていたことが分かった。


  これら女性は遊興飲食店で働くことを知りながらも、英語を学ぶことができ、匿名性が保障されるという理由で就職を希望し、主に韓国人男性を相手しながら、広告の金額より少ないものの相当な収入を得ていたと、警察は伝えた。


  しかし中国人が経営する店で働いた女性2人は仕事の内容を知らないまオーストラリアに渡り、旅券を奪われ、監禁された状態で、オーストラリア人・トルコ人・中国人・ベトナム人の男性を相手に売春を強要されてきたことが分かった。

  売春が合法化されたオーストラリアでは許可を受ければ性売買が可能だが、韓国人女性が働いていた店は許可を受けていなかったため処罰の対象になると、警察は説明した。

  ワーキングホリデービザとは、労働力が不足している国で外国人の若者に1年間の特別ビザを発給し、入国を許可して就業資格を与える制度で、オーストラリアとは1995年に締結された。 このビザでオーストラリアに入国した韓国人は01年の3000人余からこの5年間で8倍近くに増えている。

  警察の関係者は「性売買特別法施行後、オーストラリアへの遠征売春が急増しているうえ、オーストラリアとワーキングホリデービザ協定を結んでいない東南アジアの女性に対しては頻繁に取り締まりが行われるため、韓国人女性が性売買の標的になっている」とし「韓国人女性に売春をあっ旋する他の組織に対しても捜査を拡大している」と明らかにした。




カナダでモロだしAVに出た女性を摘発したのと同じく、“属人主義”で摘発したのかな?


韓国は国レベルでデリバリー型風俗を経営しているんですね。




2006年11月30日
カナダでAVにでた女性講師。「海外だからバレないと思ったニダ」

2006年06月21日
「毎月逮捕される売春女性のうち9割が韓国人」byロス警察





デリバリーガール
亜崎晶 神野太 くらもとまい

デリバリーガール

by G-Tools
性ニュース | コメント(17) | トラックバック(0)
コメント
  1. こんな感じで戦前も日本に大挙してやって来たんだろうな。
  2. オーストラリア軍の関与はありそうですか?
  3.  これもいつかは「チョッパリが強制連行したニダ!」になるのかねぇorz
     直接関係なくても「きっと裏で糸を引いてるに決まってるニダ!」とか言い出しそうだし(爆)
  4. 歴史は繰り返すのね。
    疲れる連中だわ・・・。
  5. 世界中に強制連行されてますね(笑
  6. >世界中に強制連行
    韓国人大人気ですね
  7. 衛生観念のない民族による売春。
    「世界最強の生物兵器だ!」
    チンチン痒いくらいで済めばラッキィ~だな。
  8. で、最終的には
    「日帝が売春文化を植えつけたニダ!」
    だろ?
  9. 電話一本、戦場から地球の裏側までデリバリーするニダ!
    ってかW
  10. この記事を読んでみんな考えることが同じだーと安心してしまう日本人。うれしいんだけどね。
  11. オーストラリア政府や軍の関与は?
    首相は謝罪しる!!
  12. 同じくオーストラリアで
    「18歳の日本人留学生が夜のお相手」
    と広告打って、覆面警官に摘発された
    「30歳の韓国人女性」がいました。
    今年の話だったよね。
    確かオーストラリアは、個人の売春OKの国
    (女性の権利として、認められている)。
    でもでも、組織による売春斡旋とか留学生ビザで、なんてのはもちろん摘発。それにしても沢山捕まってますね。
    豪州、カナダ、アメリカ、日本による
    環太平洋強制売春や~!
  13. これでオーストラリアが「いわゆる従軍慰安婦」問題とやらに一石を投じてくれるとありがたいんだけどな。
    ああ、朝鮮人に石が当たってもかまわんよw
  14. 「慰安婦の正体見たり売春婦」かな?w。
  15.  大体、強制連行して売春を強要したら、あの時代の女性達が持った貞操観念のレベルなら、青酸カリを呑んで死んじゃうヒトが沢山出てくるでしょう。
     
     下記は、ソ連軍の侵攻が早すぎて逃げ遅れた日本の従軍看護婦さん達が戦後、満州でソ連軍に受けた仕打ちの記録です。
    <「青葉慈蔵尊由来記」より要約>
     従軍看護婦34人中、12人が騙されて派遣されたソ連軍病院で、強姦されてそのまま売春を強要されていた、派遣された12人中1人は脱走時に12発の弾丸を受けながら、騙されて派遣を続けていた婦長の許に辿り着き、「是以上派遣するな」と言い残して絶命、其れを知った直後、22人の看護婦が青酸カリを呑んで集団自殺、婦長はこの事件をGPU(KGBの前身)に彼女らの遺書を添えて抗議したら、残った全員の帰国を約束したが、残った11人中6人は梅毒を感染されて、最早、再起不能状態迄病状が進んでいたため「ソ連兵に感染させまくる事が、私達の復讐」と帰らず、4人が自分の身を売って、旅費を造った・・後略。
    <引用終わり>
     こんな事件は、告発されていないだけで、実は沢山あったでしょう、今でも強姦は親告罪なんですから、埋もれている事件は相当有ると看て良いと思います。
     処で、朝鮮半島では8~20万人も強制連行が有ったそうだが、有ったとして、半島の女性の貞操観念が日本並だとすれば、大勢の自殺者が出ていなければオカシイのではないか、と単純に疑う向きがあって良いと思う。
     戦後5年経って、直ぐに朝鮮戦争用に誂えた売春婦集団85人を追加したわけだが、それは連行で行われたのでしょうか、米韓軍併せて、最大時約100万人の若い将兵が居たわけです、僅か85人では、時間的に物理的にムリですから、今になって人道やら人権やら云っている癖に、多くの売春婦がその当時も、現役でバリバリ働いていたのは明白、良い金儲けになったから止められないのなら、自らの意志で遣っていた事になりますがね、何処が人権侵害になるのでしょうか、それに、一体、日本軍の誰が強制連行などする暇があっただろうか、そんなに兵隊が余っていたのなら、戦争末期のソ連軍の侵攻は止められたでしょうし、朝鮮族の引揚者に対する襲撃での、略奪・強姦・殺人も阻止できた。
     亦、朝鮮の男達は、自分の娘や恋人が強制連行されるのを指をくわえて黙ってみていたというのでしょうか、
    其れが事実なら、朝鮮人って本当にヘタレなんですね。
  16. あー、これも60年後ぐらいに、オーストラリアへ
    慰安婦として強制連行されたとして、オーストラリア政府に
    謝罪と賠償を求めるんだねw
    何となくWW2のときの情景も想像がつくなぁw
  17. 韓国にとっては、
    相手国が米国・オーストラリアだと『遠征売春』になるが、
    相手国が日本だと、『性奴隷』になるようです。
    このことは、
    週刊新潮にも報道されましたが、
    以前、聯合ニュースがそう伝えていました。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。