FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
[姜俊旻(カン・ジュンミン) コラム] 1910年8月29日
(韓国日報 韓国語 2007/08/28)  

 1910年8月22日に大韓帝国純宗皇帝が参加した形式的な御前会議で総理大臣李完用は朝鮮と日本の強制併合案を可決させた。日帝はこの事実を1週間も極秘に付して8月29日に純宗皇帝の玉璽を捺印させてから併合条約を布告した

 庚戌年に起きた恥辱だから庚戌国恥という。

 97年前のことだ。このとんでもない動静を聞いて錦山郡守の洪範植(ホン・ボムシク)は後方の山に上がって首を吊って自決したし、“梅泉”黄(王に玄)(ファン・ヒョン)は『絶命詩』を残して服毒して殉国した。その後にも数多くの憂国志士らが自決の道を選んだ


●“何ごともないようだった”という国恥日

 今まで教科書でそう習った。 それで当時、当然すべての韓国人らが悲しみながら苦しんだものと考えた。 ところが必ずしもそうではなかったようだ

 3・1万歳義挙(三・一独立運動)当時、民族代表33人のうちのひとりとして活動して、後ほど変節した崔麟(チェ・リン)は韓日併合が公布されたその日、鍾路の町の朝鮮人らはあたかも“何ごとにもなかったように”賑わいながら商売をして食べて飲む『日常』を失わなかったという

 これを信じ難かったある歴史研究者は「すぐ納得できない」として「もしかしたら、この日は29日でなく、李完用と寺内正毅の間で秘密裏に条約が締結された22日の風景かもしれない」とした。

 ところが崔麟の記録を後押しする主張が度々出てくる。

 中国知識人の梁啓超(リャン・チィチャオ)は1910年9月に書いた文で「併合条約発表を巡って周辺国の人々は彼らのために涙を堪えることができないのに、朝鮮人らは楽しがっていて高位官吏らは毎日新しい時代の栄えある地位を得ようと慌ただしく喜ぶばかりだった」と主張した

 信じ難い言葉だ。ただし当時の韓国人らが『日常』を失わなかったということは納得しなければならないようだ。実際に8月29日のその日は意外に静かだったし反対デモも全くなかったという。当時、韓国民衆はすでに諦めの知恵を持ったのかもしれない。(略)


 サムエル・ジョンソンは「愛国心は悪党らが吐き出す最後の排せつ物だ」とした。

 その趣旨に共感するが半分しか共感できない。 韓国は愛国心を叫ぶ声は高いが愛国心は非常に弱い国であるためだ。愛国心が弱いからむしろ声だけ度々大きくなるのかもしれない

 いつかコ・ヨンボクは「我が国の公務員たちは、各種教育はたくさん受けたが国家に対する忠誠心と家族に対する愛着心を比較してみれば驚くべきほど国家に対する忠誠心が弱いと見られる」として「公務員の胸中には家族を超越する大きい社会が見られなくて、ひたすら私と私の家族だけが見えるだけだ」と主張した。社会全般的に愛国心があまりにもなくて大変だという慨嘆だった。

 一部の先進的な知識人が国家主義排撃次元で“愛国心”談論を攻撃する善意には共感するが、半分しか共感するほかはない理由も正しくここにある。

 愛国心談論は韓国のエリート階級が自身と家族の利益を社会と国家の利益の前面に出すのが蔓延しているから現れる現象だ。共存共栄の原理さえ実現されないでいるという意だ。 それで名もなき普通の人らがしばしば愛国心談論に陥って悲憤慷慨したりするのだ。


●知識人の愛国心批判はエリートに向かってこそ

 知識人の批判は、普通の人らのそんな行動よりはエリート階級の貪欲に向かうのが正しい。現在、愛国心談論はそんな貪欲に向かった怒りの声に近いためだ。

 エリート階級が、自分たちの既得権を命を賭けて守りながら、個人・家族レベルの貪欲にだけにしか目が見えなくなる時、どんなことが起きるだろうか?

 97年前の今日、韓国民衆が見せた物静かさは、正しくそのような冷笑の表現ではなかったのだろうか? (機械翻訳 若干修正)






ある意味たくましい民族ですね。



 

マンガ嫌韓流3
山野 車輪

マンガ嫌韓流3 (晋遊舎ムック)

嫌韓流!また韓国人か (宝島社文庫 584) 韓国のなかの日本 マンガ:韓国・新発見ツアー/日韓国境突入:編 マンガ日狂組の教室 (晋遊舎ムック) 在日の地図 ~大韓棄民国物語 反日マンガの世界―イデオロギーまみれの怪しい漫画にご用心!
by G-Tools
韓国ニュース | コメント(26) | トラックバック(0)
コメント
  1. >このとんでもない動静を聞いて
    >(略)
    >その後にも数多くの憂国志士らが自決の道を選んだ。
    なんで全部死ななかったんだよ。
    自称独立政府で強姦・強盗・放火しまくりな癖に。
    いつでも中途半端な民族だな。
  2. (1)依頼心が強い
    (2)すべきことをせず他人に期待し裏切られると恨んだり非難する
    (3)相手も自分と同じ考えだと思い「違う」と分かると裏切られたと思う
    (4)せっかちで待つことを知らず「今すぐ」とか「今日中」とよく言う
    (5)すぐ目に見える成果をあげようとし効果が出ないと我慢せず別の事をやろうとする
    (6)計画性がない
    (7)自分の主張ばかりで他人の事情を考えない
    (8)見栄っ張りで虚栄心が強い
    (9)大きなもの・派手なものを好む
    (10)物事を誇張する
    (11)約束を守らない
    (12)自分の言葉に責任をもたない
    (13)何でも出来るという自信を誇示するが出来なくても何とも思わない
    (14)物事は適当で声だけ大きくウヤムヤにする
    (15)綿密さがなく正確性に欠ける
    (16)物事を徹底してやろうとしない
    (17)“見てくれ”に神経を使う
    (18)「世界最高」とか「ブランド」に弱い
    (19)文書よりも言葉を信じる
    (20)原理・原則より人情を重んじ全てを情に訴えようとする
    「現代韓国人の国民性格」 著者:李符永(ソウル大学教授)より
  3. 大清国属だったのが、大日本国属に変わっただけだったからなのかな。
    それか、日本の方が、李朝(大韓帝国)より、ましだと思ったんじゃねえの
  4. 中華の威光に恐れをなしては中国に跪き、
    ロシアの威勢がよければロシアに靡き、
    日本がその両国に勝利かたと知れば日本に媚を売る。
    それが朝鮮の歴史。
  5. もう面倒見てやる気は無いがね。
  6. ずいぶんまともなコラムだな。驚いた。
  7. >その後にも数多くの憂国志士らが自決の道を選んだ。
    いままで自分たちが拠り所にしていた「清国→朝鮮→倭」という華夷秩序の全面的な崩壊という現実に耐えられなく「死」という逃避を選んだ「憂国志士」が多数派だったんではなかろうか。
  8. 今頃こんな記事かいても遅いよ。韓国人がこんなこと認めるわけがないだろうし。
    で、このままいけば、朝鮮は100年前と同じく中国の属国に逆戻り。そしてそれが、本来の姿。
    反米だけは、やっちゃいけなかったのにな。
    さよーなら~
  9. 事実を前にして「納得できない」というような輩が学者の国www
  10. では現在は、
    「諦めの知恵」を失った馬鹿ですか?
    愛国「心が弱いからむしろ声だけ度々大きくなる」
    つまり、典型的弱虫ってことですね。
  11.  「一体どうしたの?」と思わず訊きたくなるような記事ですね、日本向けには遅きに失した感が有りすぎだけど、朝鮮族が少しでもマトモになる為には良いことだと素直に拍手を送りたいと思います。
     韓国日報のコラムニストのカン・ジュンミンの名前を覚えておきます。
  12. 愛国心を叫ぶ声は皆無で、限りなく愛国心が低く、私と私の家族だけしか見えていない、日本の公務員はどうなんだろうかと。
  13. >97年前の今日、韓国民衆が見せた物静かさは、正しくそのような冷笑の表現ではなかったのだろうか?
    吹いたW
  14. そういや最近の韓国のテレビの若者向けのアンケートで
    「もし日本(韓国)と戦争になったらどうしますか?」
    ってのがやってて、
    国の為に戦いますって答えた日本人が全体の7割だか8割だったのに対して
    韓国では「逃げます」って答えたのが6割とか7割とかだったそうで。
    普段居丈高な割には、有事の際には根性無しな訳ですねw
    弱い犬程よく吼える…か。
    誰が言ったんだろう、素晴らしく的を得てるな。
  15. 韓国人は犬が憎いんだよ。
    畜生の分際で、主人やそその家族を護り、主人たち仲間を導き、主人の命令に忠実であろうとする、その人類の古い友ともいうべき犬が。
    だから犬を苛め倒してから食うし、水に落ちた犬を叩ける。
    朝鮮人は犬以下だよ。
    いまさらそのことに自分たちで再考させられるような事が、裏で何かあったんじゃないかな?
    タリバンに金を払った事についてアメリカや日本が最後通牒を匂わせたとか
    北朝鮮から何か言われて凹んだとか。
  16. そう言えば、エンコリでヒュンダイ自動車の愛国価格(外国より韓国の方が高い)に愚痴こぼしてた青組が居たなぁ。
    愛国ならなんでも協力って社会に疑問を持ってる人は多そう。(特にカネが絡んでくると)
  17. >だめ狼
    国の為に戦いますって答えた日本人が全体の7割だか8割だったのに対して
    正直、その結果もやらせっぽくないか?
    日帝の軍国主義化が著しいニダ!とかじゃね?
    俺は実際に戦争なったとしても戦いたくねーんだけどwwww
  18. >>Posted by   at 2007年08月29日 17:21
    その可能性もなくはないなぁw
    何せ捏造が空気を吸うくらい普通の行為な国だしw
    でも当の姦酷はこれを危機的状況みたいに報じてたよ。
    徴兵までやっててこれは何事だって感じでw
    つか、徴兵とかやって自衛隊の実力知っちゃったら
    ぶっちゃけ逃げたくなる気持ちも分からないではないw
  19. >正直、その結果もやらせっぽくないか?
    俺も少しそう思う
    >俺は実際に戦争になったとしても戦いたくねーんだけどwwww
    いい方法があるよー。
    社壊主義とか凶賛主義とか扇いでたら監獄送りで戦わなくて済むんだってー。
    メシも不自由なく食えるらしいからやって見れば。
    戦前戦中の社壊凶賛のヤツらはそうやってたんだって。
    あっ、そうそう。
    社壊主義とか凶賛主義とか扇いでたヤツらって超賤系かチャンコロ系だったなW
  20. >社壊主義とか凶賛主義とか扇いでたら監獄送りで戦わなくて済むんだってー。
    でも、徴兵されてからそれやったら懲罰大隊とかに配属されて最前線で弾除けに使われるんだよ。
  21. まあ、マシな記事だけど、「信じがたい」と未だに事実が国内から出てきても妄想に耽っている学者が中心の国だからなぁ。
    それにそのうち韓国日報のコラムニストのカン・ジュンミンって親日のレッテルを貼られて国家・全社会レベルで身ぐるみ剥がされて社会的抹殺されるんじゃない?
    まともな事言った金ワプスンやどこぞの教授の様にさ
  22. 愛国心てのは国民国家の産物だ。国が自分たちのものであればこそ愛情も湧く。
    だから100年前の朝鮮人民衆に愛国心なんてあるわけがない。国は王族と貴族の単なる私物だったんだから。
  23. 朝鮮>日本と、小中華思想を正しい前提でいるから、認めたくないだろうね。
    現実では、日本を越えようと努力すればいいのに
    日本の評判を捏造してまで下げるようじゃなぁ…
  24. 直接被害を受けなければ民衆は冷静…って、別に不思議じゃない。
    有史以来どこでもそうだし、日本の戦国時代だって、国取りに関わらない農民は我関せず。
    国家より家族が大事というのも、平時ではそれほど不思議ではないのでは?
    日本が最も全体主義に染まった戦時中だって「故郷を守るため」という意識が強かった節もある。
    …それが不思議と思われていたのが不思議か。
  25. その「守るべき家族」すら大切にしないのがチョンクオリティ。
    家族間ですら「強姦・着火」が当たり前。
    結論:半島に愛情という概念は存在しない。
  26. No title
    次は根絶やしだ。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。