FC2ブログ
李登輝氏訪日めぐり日中神経戦
(産経新聞 2007/10/27)   

 今年6月にドイツで開催された主要国首脳会議(ハイリゲンダム・サミット)での安倍晋三首相(当時)と中国の胡錦濤国家主席との首脳会談をめぐり、中国側がその直前の台湾の李登輝前総統の訪日を理由に会談を拒否していたことが27日、複数の関係者の証言で分かった。

 しかし、日本側が譲らず、中国側が全面的に折れるかたちで決着、会談は行われた。こうした安倍政権の“遺産”をどう継承できるかが、今後の対中外交の焦点になりそうだ。

 関係者によると、サミット開催に合わせた日中首脳会談は、日中間の戦略的互恵関係の促進や北朝鮮問題などを話し合うため、早い段階で日本側が呼びかけ、中国も応じる構えだった。

 ところが、中国側は、5月末になって会談中止を通告してきた。理由は、5月30日の李氏来日だ。中国政府は、28日の日中外相会談で楊潔●(=簾の广を厂に、兼を虎に)外相が麻生太郎外相(当時)に李氏訪日への懸念を表明していた。それにもかかわらず、日本側が李氏の入国に何の制限も加えなかったことを問題視したのだ

 これに対し、日本政府は、「サミット正式参加国は日本だ。招待国の中国と無理して会談することはない」(当時の官邸筋)と会談の提案そのものを引っ込めた。

 これにあわてたのが中国だった。すぐに「李氏は日本で講演を予定している。これを(マスコミなどに)完全クローズにするなら安倍氏と会談してもいい」とハードルを下げてきた。

 それでも日本側が「会談開催に李氏訪日の件を絡めるならば、会う必要はない」という安倍氏の考えを伝えたところ、中国側は6月3日になって「条件はつけない。ぜひ会談を行いたい」と全面的に譲歩。

 8日の首脳会談が実現した

 李氏は7日に靖国神社参拝と講演を予定通り行い、講演では、「多くの人々が中国経済の高度成長に惑わされ、危機の存在を否定するが的外れだ」などとも語った。

 日本側は「首脳会談で胡主席が、李氏に靖国を参拝させた日本を批判すると予想した」(官邸筋)。だが、胡主席は李氏の靖国参拝にさえ触れなかった。

 中国側が強硬姿勢をあっさり転換したことについて、外務省幹部は「それが中国の交渉術」とした上で、「これまで日本は中国の機嫌を損ねることばかりを恐れ、相手の思惑通りに動いていた。しかし、このときは日本がぶれず、譲歩を引き出した」と振り返る。

 外交筋は「安倍氏は靖国神社に行くとも行かないとも言わない『あいまい戦術』というかたちで靖国カードを保持していたので、中国も強く出られなかった」と解説する。中国としては、あまり日本を刺激すると安倍氏が反中国の姿勢を鮮明にし、結果的に、安倍氏の靖国参拝を招き、中国国内の暴動や反政府活動を誘発しかねない状況になるのを恐れたというわけだ。

 政権交代後の今月11日に北京で開かれた東シナ海のガス田開発に関する局長級協議で、中国側は、改めて強硬姿勢をみせている

 こうした状況から、外務省内には「“親中派”の福田康夫首相に花を持たせる考えはない」との見方も広がり始めた。外交筋は、「福田首相は早々に『靖国には参拝しない』と述べ、靖国カードを手放しており、くみしやすいとみている」と指摘している




そして、福田首相の対中姿勢を見るために派遣されたのがこれ↓ですかね。
694834534134.jpg


中国の反日団体、尖閣諸島の領海内に侵入…海保が進行阻止
(読売新聞 2007/10/29)

 尖閣諸島(中国名・釣魚島)に対する中国の領有権を主張している中国の反日民間団体「中国民間保釣連合会」は28日、中国本土を出発した抗議船1隻が、上陸を目指して同諸島に向かったことを明らかにした

 同連合会によると、抗議船には中国人活動家4人が乗り込み、26日に福建省アモイを出発。28日夕、いったん尖閣諸島付近の領海内に侵入したが、海上保安庁の巡視船に進行を阻止された

 同連合会は、出港に際し、中国政府に通知していないとしている

 第11管区海上保安本部(那覇)によると、28日午後6時20分ごろ、沖縄県尖閣諸島・魚釣島の西の領海内に、外国船1隻が入り込んだため、同本部の巡視船が領海外に退去するよう、拡声機で警告した。

 外国船は魚釣島の西側20キロまで接近したところで反転し、同7時35分ごろ、領海外に出て中国方面へ向かった。


中国の抗議船、尖閣諸島へ 上陸目的か
(産経新聞 2007/10/28)一部抜粋

 保釣行動委は今年8月にも出港を計画していたが、香港政府が直前になって船の船舶登録証を取り消したため中止に。背景には日中関係に悪影響を及ぼすことを懸念した中国政府の意向が働いたとの見方が強い。(共同)


安倍首相の「辞意表明」は9月12日。




で、政府の対応。

中国活動家船舶による尖閣諸島領海への侵入
(外務省 2007/10/28)

 10月28日夕刻、中国活動家の船舶と疑われる船舶が尖閣諸島領海内に侵入したことに関し、我が方(アジア大洋州局長及び参事官、我が方在中国大公使)より中国側(在京中国大使館公使及び外交部アジア司参事官)に対し申し入れを行ったところ、概要以下のとおり。

1. 我が方より、尖閣諸島が我が国固有の領土であることは歴史的にも国際法上も疑いのないところであり、現に我が国はこれを有効に支配している、今回このような事態が発生したことは極めて遺憾であり、強く抗議する旨述べた

2. これに対し先方は、尖閣諸島の領有権に関する独自の立場を繰り返し、我が方の申し入れは受け入れられないとした上で、日中関係の大局の観点から、日本側においても冷静に対応してほしい旨述べた




中国に対しては、「日出ところの天子、書を日没するところの天子に致す。つつがなきや・・・」で行くか、 「三跪九叩頭の礼」で行くか、のどちらかしかないですよ。

「こちらが気遣ったら相手も気遣ってくれる」なんてことは絶対にありませんね。


それにしても、朝日新聞があれほど「安倍たたき」をしていたわけがちょっとわかりましたw。

中国の黒いワナ
青木直人 西尾幹二 佐藤優

中国の黒いワナ (別冊宝島Real 73)

中国利権のタブー (宝島社文庫 570) マンガ嫌韓流3 (晋遊舎ムック) 情報戦「慰安婦・南京」の真実 完全保存版―中国、朝鮮半島、反日メディアの連携を絶て! (OAK MOOK 150 撃論ムック) 日本人が勇気と自信を持つ本―朝日新聞の報道を正せば明るくなる 新ゴーマニズム宣言SPECIAL 平成攘夷論
by G-Tools
中国ニュース | コメント(14) | トラックバック(0)
コメント
  1. つくづく安倍さんの退場を残念に思います……
  2.  引き続きマッチーが対中外交をリードしてくれたら良かったんだけどなぁ・・・・
  3. 中国は媚びたら駄目な国だと良くわかるエピソードですね。ほんと安倍さん残念すぎる。
    活動家の船なんて撃沈してやりゃいいのに。せめて「不審船は問答無用で拿捕しますんでそこんとこよろしく」と中国政府に通達して欲しいな。
  4. 安倍さんはいい総理大臣でしたよ。
    国民がそれを理解できなかったのが残念です。
    安倍さんも体が弱かったから、しょうがなかったんですけどね。
  5. テロリストが中国人を名乗っているだけかもしんないので、威嚇射撃の上、退去を勧告すればいいと思うよ。
    威嚇射撃の結果沈没しても、それはそれでしょうがないんじゃないかな。
    つか、中国利権で私腹を肥やしている奴は全部売国奴でいいだろ。
    どこの国にでも有る内務省の復活を、日本に望む。
  6.  安倍さんの退場劇を看ていて、「総理大臣を本気でやると命が縮むモノだ」との思いを強くしました。
     安倍さんの場合、周りが「安倍降ろし」一色になって居ても、国民の支持があると信じていたウチは良かったが、結局、参議院選で予想以上の大敗を喫した事が彼を追いつめたのだと思う。
     登用をしたくても、自民党のスタッフには、火中に栗を拾うような義人は居なかった、結局、大臣になりたいダケの経歴だけの議員を選ぶ他無く、其処を国家公務員に裏切られて、新大臣のスキャンダル発覚を防げなかった、と言うわけだから、彼自身、既得権擁護者に囲まれている事を十分に認識していなかった事が原因の一つだと云えるだろう。
     安倍さん達の失敗は、余りに短兵急に改革を進めようとしたことだが、ワンチャンスでしかできない改革のチャンスが有ったのかも知れませんね、例えば、総連の手入れなんか。
  7. 早く、麻生太郎→中川昭一権力委譲に戻って欲しい。
    強硬に出れば向こうさんは折れるって事の証明だからねぇ。でも、やっぱ、対中強硬派が戻ってこないと…俺も当然書いたがね。
  8. 本当に安部ちゃんの退場は残念だなぁ…
    対特ア外交であれ程GJ連発してた総理はいないだろうに…
    まだ若いんだし再起に期待したいね。
    でも総理向きじゃないのかも知れない。
    官房長官とかの方が似合ってる気もする。
    もし太郎ちゃんが総理になったら
    是非起用して頂きたいものだ。
  9. 昔の日本は本当に強い国家だったんだなと改めて認識!
    今に日本国民と日本政府が軟弱すぎ!!!!
  10. なんだかんだで安部ちゃんがんばってたんだよな
    国内しか見ない馬鹿な世論のせいで…。
  11. こういう事件は海保ではなく、海自に出張ってもらいたい。
  12. 教育基本法の改正、防衛庁の省昇格等、誰も手をつけないことをやられたし、最大は憲法改正のための国民投票の法律を制定された。憲法改正のための入り口さえなかったのにドアーを取り付けたのだから。
    健康を回復して何時の日か登板を
  13. 安倍さんには、復活を期待する。しなくても、その意思は受け継ぐ。それから、この国にも本気でやろうとする政治家がいる事が分かっただけでもよかった。臥薪嘗胆して、再起すべし。
  14. 安倍はまだ精神病で入院してんだろ。

管理者のみに表示