FC2ブログ
中国外相「米空母の香港寄港拒否、誤解だった」・米大統領に説明
(日経新聞 2007/11/29)    

 ブッシュ米大統領は28日、中東和平国際会議出席のため訪米中の楊・中国外相とホワイトハウスで会談した。

 米海軍の空母「キティホーク」が香港への寄港を拒否されたことを大統領が取り上げ、中国側の真意をただした。外相は誤解だったと説明し、政治的な意図を込めた行動ではないとの立場を示唆した

 ペリーノ大統領報道官が記者団に明らかにした。キティホークは横須賀基地配属で、感謝祭休暇のため今月下旬に4日間の日程で香港に寄港する予定だった。だが中国政府が一時、寄港を阻んだため、横須賀へ帰還。中国の真意を巡って憶測を呼んでいた。



中-米キティホークの香港停泊で攻防戦
(聯合ニュース 韓国語 2007/11/29)

 中国と米国が軍事的問題を囲んでまた対立局面に入る兆しを見せ成り行きが注目されている。

 米国防総省は28日、中国当局が先週米海軍軍艦らの香港停泊要請を相次いで拒否したことに対して公式抗議した

 国防部ジェフ・モレル公報担当官は28日の記者懇談会で「私たちは今回の事件に対する不快感を公式に提起している」としてワシントン駐在中国大使館の武官を国防部に呼んで米国側の抗議をつたえたと明らかにした。

 これに先立ちジョージ・ブッシュ米国大統領もこの日、楊潔チ(ヨウ・ケツチ)中国外交部長と会談した席でキティホーク停泊拒否問題を取り上げ論じた、とゴードン・ジョンドロー米ホワイトハウス国家安保会議(NSC)スポークスマンが明らかにした。

 これに対して楊部長は「それは誤解から生じたものだった」と説明したと伝えられたが、どんな誤解なのかは具体的に明らかにならなかった

 中国は当初何の説明なしにキティホークの香港入港を拒否し、去る22日キティホークの香港停泊許可を表明したが、もう遅かった。キティホークはすでに日本横須賀港基地に向かっていた。8千人余りの米軍将兵は艦上で22日の感謝祭をむかえなければならなかった。

 米国防総省が楊潔チ部長の説明にもかかわらず中国に強力対応したのは、中国当局の米軍艦の香港停泊拒否が今回だけではなく、最近になって相次いだためだ

 北京当局の米軍艦らに対する相次いだ香港入港拒否には政治的・軍事的な意図が込められているので今回丹念に釘を刺すべきだ、というのがワシントン当局の意志と観測される。

 米国防総省はキティホークに先立ち米海軍の掃海艦のパトリオットとガーディアンが暴風を避けるために香港停泊と給油支援を要請したが中国当局が停泊を拒否、海上で給油のみ支援を受けて日本の母港に帰還したと主張した。

 中国の米軍艦入港拒否は、1999年の米軍のベオグラード駐在中国大使館誤爆事件や2001年の米偵察機と中国戦闘機の衝突事件など両国関係が危機を迎えた時だけであったし、今まで米軍艦らが香港港を日常的に訪問していたというのが米国防総省の指摘だ。

 中国当局のキティホーク香港入港拒否は、米国の台湾に対する先端武器販売計画とブッシュ大統領がダライ・ラマに面談したことに対する反発性措置ではないのかという観測が出回っている。

 中国はアンゲラ・メルケル ドイツ首相がダライ・ラマに会ったことに対する抗議の表れで、両国財務長官の会談取り消しなど強硬措置を取りながらメルケル首相を圧迫した。

 キティホークの香港停泊拒否が中国海軍の大規模軍事訓練と関連があるという説もある。

 中国海軍の東海(日本海東シナ海)および南海(南シナ海)の2大艦隊が最近台湾東部とフィリピン北部の太平洋海域に集結し、台湾海上封鎖を仮想した大規模合同軍事訓練を実施した。中国当局はこの訓練をキティホークに見せたくなかったと香港の明報は報道していた。

 理由はともかく、米国が中国側のキティホークの香港入港拒否に関連して強力な抗議を伝達しただけに中国側の対応が注目される。(機械翻訳 若干修正)




単純に寄港を拒否され「上陸できなかった」だけではなく、これ↓ですからね。


米軍空母キティホークが最後の帰港/横須賀
(神奈川新聞 2007/11/27)

 一九六一年に就役し、九八年から在日米海軍横須賀基地を事実上の母港としてきた米海軍第七艦隊の空母キティホークが最後の演習航海を終え、二十七日、約一カ月ぶりに同基地に帰港した。岸壁には約二百人の家族が出迎えた。当初の帰港予定日は十二月一日。香港寄港を中国政府が拒否したことで、予定を短縮し横須賀に戻るハプニングにも見舞われた。

 同空母は毎年十一月に日本近海で日米合同演習に参加。ここ数年は演習後の米国の感謝祭の休日は香港に寄港し、家族らと買い物を楽しんだ後、横須賀に帰港していた

 今年も二十一日から四日間、香港に立ち寄る予定だった。しかし、中国政府が理由を明らかにせず寄港を拒否。翌二十二日に拒否は撤回したが、既に天候悪化を理由に日本に進路を取っていた同空母は横須賀に戻った。

 同空母打撃群のリック・レン司令官は「最後の航海を終え、四十六年間、任務を果たしきた同空母を誇りに思う」。香港寄港拒否問題については「理由は分からないが、香港での休日を楽しみにしていた乗員や家族には残念なことだった」と話した。

 キティホークは今後、メンテナンスを行い、来年五月ごろに横須賀を出港し退役する。同八月に後継艦の原子力空母ジョージ・ワシントンが配備される。


米空母キティホーク、香港寄港拒否の「屈辱」
(朝鮮日報 2007/11/24)一部抜粋

 キティホークの乗組員8000人余りは香港で感謝祭の休日を過ごす予定だったが、土壇場で計画をつぶされるという屈辱を味わった。

 感謝祭の休日をともに過ごそうと、乗組員の家族らは飛行機で香港入りしていたが、中国政府は何の説明もなく寄港を拒否した。(略)

 中国政府は翌日の22日になって、寄港拒否を撤回した。中国外務省の劉建超報道局長は定例会見で「人道主義的な観点でキティホークの寄港を認めることとし、米国側に通告した」と述べた。しかし、このとき既にキティホークは香港沖を離れ、400キロも航行した後だった。

 来年退役予定のキティホークは、「天候が悪化し、船を旋回するのが難しかった」と寄港断念の理由を説明し、中国の「好意」に「最後の自尊心」を見せた。乗組員らは船上で感謝祭を迎え、香港まで無駄足を踏んだ家族らは香港の米国領事館が準備した感謝祭のパーティーで満足しなければならなかった

201029858453061060.jpg





明日(30日)は、来日中の“中国海軍”が、海自の横須賀基地に表敬訪問の予定ですね。


 

ディスカバリーチャンネル 体験レポート!ニミッツ級空母
ドキュメンタリー

ディスカバリーチャンネル 体験レポート!ニミッツ級空母
ディスカバリーチャンネル 次世代空母開発の全貌 ディスカバリーチャンネル 空母始動 ディスカバリーチャンネル 空母建造 ディスカバリーチャンネル 世界の名軍艦TOP10 ディスカバリーチャンネル Extreme Machines 航空母艦
by G-Tools
中国ニュース | コメント(24) | トラックバック(2)
コメント
  1. 1ゲット?
    中国の本音が出ちゃったかな?
  2. 住むのは御免被るが、外交的意味のうち、実力行使に於いてのみ中国のこの態度は見習わなきゃ。
    気に入らない国には、気に入らないと即座に表明できるんだからな。
    うちも、犯罪が異常に多い中国人や朝鮮人を、嫌いだというだけで入国拒否できるようにならなきゃね。
  3. 3げと?
    香港に寄港させて、お得意芸(パクリ)すればいいのに。
  4. っていうか、これ一回だけならまだしも複数回やれば普通に宣戦布告一歩手前の行動じゃん。
    丁度、横須賀に“深セン”がいるから最悪、核を自爆させて横須賀司令部潰すってこともありえるかも。
    タイミング良すぎだよな。
    まあ、中国のことだから単純に嫌がらせのつもりだろうけど、日本は自衛隊を早く常設軍に格上げする必要あるな。
  5. パトリオットとかあぶないのはその場で使っとけば良かったですよ
  6. 相変わらず、中国猿は幼稚だな。
    手違いや誤解で片付けられるなら、人類の歴史に戦争なんか起こりゃしないっつーの。
    そもそも『俺たちは管理なんか出来ません』って言ってるのと一緒だと気付よ、アホ猿。
    全くロクな言い訳が出来ない猿だな、全く。
  7. こういうあの手この手のいやがらせはほんとに得意だな。シナは。
  8. >中国の「好意」に「最後の自尊心」を見せた。
    相変わらず妙な嫌味を混じらせてるな半島の新聞はw
  9. 中国の余りの稚拙さに、どこから突っ込んで良いか分からんw
    中共も、もう一杯一杯だな。
    軍部と政治部での軋轢と見て取れなくもない。
    その上、富裕層と地方の貧困層との軋轢もある。
    法輪功の活動も活発化。
    中国バブルの影の負債も悲惨な有様とあっちゃ
    これも中国崩壊の序曲の序章なのかもね。
  10. 共産党政治部と軍部の利益の差を想像すれば判るよ。
    政治部はその政策作成と実行から簡単に富み、軍部は政治部と癒着した者のみその恩恵に与れる。
    そして、対外的に成長率を捏造とは言え自慢し続けている今となっては、軍部の殆どの者は、自らが富とは縁遠い場所に居ると自覚してしまっている。
    なら、軍部の多くはどう出るなら富む事ができるか。
    政治部が政治を使って意の儘にする如く、軍部は軍隊を意の儘に使って政治部を焼き払うか、恩を売っておこぼれ以外の糧を得るしかあるまい。
    軍部に間者を忍び込ませれば中共を握れるやもしれんが、解体を待つ方が賢かろう。
  11.  
    人類の歴史上、単なる嫌がらせを発端に、相互の国を巻き込んだ戦争に発展してしまうことは珍しくない。
    特に英国や日本と戦って負けた国を母体に持つこの共産党なら、それから学ばなければならない事は沢山あるはず。
    全く成長していない。
    福沢諭吉翁の仰った通りの国だな、中国。
  12. なんで自ら危険水位を引き上げるかな
  13. 誤解ですか。そうですか。
    中国が自分のことを偉いと誤解してるんじゃねえの。
  14. >> ポンポンさん
    誤解なんかしてません。
    本気でそう思ってますw
  15. >「それは誤解から生じたものだった」
    で「話せば分かる」と続くのか
    一昔前なら戦争になって当然の事態ですね
  16. 中-米キティホークの香港停泊で攻防戦
    (聯合ニュース 韓国語 2007/11/29)
     上記記事中の「中国海軍の東海(日本海)および南海の2大艦隊が」とあるのは、明らかな翻訳ミスですね。
     中国海軍の東海艦隊は、いうまでもなく東シナ海を主エリアとする艦隊。中国にとって「東海」とは東シナ海のことですしね。しかし自動翻訳機が「東海」に反応して「(日本海)」とつけちゃったんでしょうね。
  17. ということは法輪功と中国海軍が秋葉原で鉢合わせの可能性が!
  18. 米14
    えぇ、本金でそう思ってると私も思います。
    中国で世界の会社が商売を展開してるけど、私達から言わせると「安いため」だけであるのに対して、中国人から言わせると、「中国のマーケットを開いて世界各国の会社に稼がせてあげてる」と本気で思ってる。何でも世界各国の会社が儲けられてるのは中国のおかげらしい。
    もう日本の企業は皆インドに行ってしまおう。
  19. 実際にインドやベトナムなどの『真面目に商う』周辺諸国に続々と移転してますよ。
    今、中国に残っている企業は、投資分を回収できるまで居続けるつもりの盆暗と、論理立てて物事を考えられないアホだけです。
  20. 嫌がらせとしてはアメリカもなかなかやりますねw
    http://www.toonippo.co.jp/news_kyo/news/20071129010008201.asp
  21.  さすがはアメリカ!と云うしかない。
     共産シナの内部での周章狼狽が目に浮かぶようだ、で、言い訳のようなモノを出したりして、見苦しいことこの上ない。
     同じ核を持っている国とは云え、その運用力に月とすっぽんの違いがあることを見せつけたわけだ。
     シナ海軍は空母が欲しいらしく、実際ロシア海軍の空母を買い取ってレストアしようとしているが、正規空母クラスのキティホークとは、是亦、月とすっぽんの差がある、キティホークを観て、更に「欲しい」気持ちが膨らんだのではないか。
     海軍力を増強するのは宿願の様だが、近代では、海軍力イコール機械力・電子力の様な処があって、就中、空母はその象徴でしょう。
     つまり、乗組員全員の基礎的な知識や訓練が隅々にまで行き渡って居ないと、忽ち事故が多発することになる、特に離発着が問題で、その米軍でさえ横須賀に空母が帰還すると厚木でタッチアンドゴーの練習を繰り返すのはその為でしょう。
     亦、実際に戦闘ともなれば、フルに爆装した戦闘爆撃機を日に何回も発進させなきゃならないが、風向きの読み一つ間違えても飛ばないから、巨大な船の敏速な回頭運動を行える様に訓練が必要ですが、空母運用70年以上の米軍とは違って、ノウハウの蓄積は全く出来ていないでしょう、持てたとしても玩具に過ぎない可能性がある。
     核を積んだ戦爆が海に落っこちて、それに全速力の船体が接触すると・・そんな危ないモノを持とうとしているのに、外務省も平和団体も何一つ抗議しないよな。
  22. 驕れる者は久しからず。
  23. まだ詳しく見てないんですけど
    「また入港拒否」やらかしたみたいですぜ?w
    今度はどうやって誤魔化すのかなぁww
  24. アメリカだって、中国側が入港拒否を撤回したのに「もう遅いよプンスカ」って感じで日本に向かったのだからどっちもどっちって感じだったけど。
    それとインドが真面目に商売するってのは妄想じゃないか。
    会社はきちんとしてるようでも労働者はめちゃめちゃ働かないぞ。

管理者のみに表示
トラックバック
米軍艦船には激しく抗議するプロ市民の皆さんが、中国のミサイル駆逐艦はスルーする姿を哂う。「プロ市民」と名づけた人ホント上手いわ。
キティホーク香港寄港拒否により、米中間に軍事的緊張が高まったようだ。