FC2ブログ
密漁かご、富士山20個分回収=韓国漁船か-水産庁
(時事通信 2008/01/29)      


 水産庁は29日、2000年から07年までの8年間に日本の排他的経済水域(EEZ)内の海底清掃により韓国漁船が密漁に使ったとみられる網が合わせて4535キロメートル、貝を獲るかごが30万個余り回収されたと発表した。網をすべてつなげると、東京と福岡を約2.5往復でき、かごを積み上げるとおよそ富士山20個分になるという。



↓は、水産庁発表の詳細記事。

日本海の暫定水域に隣接する海域で実施した海底清掃による韓国密漁漁具の回収実績について(水産庁 2008/01/29)

1999年より、関係漁業団体は、水産庁指導のもと、韓国漁船の漁具により荒廃した漁場の環境を改善するため、海底清掃を実施しております。

今般、水産庁では、初めて日本海の暫定水域に隣接する我が国水域において回収した韓国密漁漁具の回収実績(2000年~2007年)をとりまとめましたので、お知らせします。当該水域では、ズワイガニ等を狙った韓国漁船による密漁が後を絶たず、毎年多くの韓国密漁漁具が回収されています。
 

概要
1.
1999年の日韓漁業協定の締結以降、韓国漁船の漁具により荒廃した漁場の環境を改善するため、毎年、関係漁業団体により海底清掃を実施してきた。今回は、特に韓国漁船の密漁が多い日本海の暫定水域に隣接する我が国水域分のみの2000年から2007年までの回収実績がまとまったので公表するものである。2000年から2007年までの合計は、刺網で4,535km(東京-福岡間の約2.5往復分)、バイ篭で300,796個(積み上げると富士山約20個分)であった関係漁業団体:山陰を中心とした関係県の漁業協同組合、全国底びき網漁業連合会


2.別添1の表中にあるとおり、大量の韓国漁船のものと見られる刺網及びバイ篭が回収されているが、海底清掃を行っている水域では、韓国漁船に対して刺網及びバイ篭漁具による操業を許可しておらず、これらは、ほとんどが韓国漁船の密漁漁具と考えられる。近年では水産庁取締船等による摘発を逃れるため、浮標を付けずに漁具を設置する等、密漁を行う韓国漁船は悪質・巧妙化している。水産庁により押収される漁具(別添2)は氷山の一角ではないかと憂慮していたところであるが、海底清掃による密漁漁具回収実績はこれを裏付ける結果となっている。

080129-01.jpg
クリックで別ウィンドウ

080129-02.jpg
クリックで別ウィンドウ

3.また、放置された状態の刺網及びバイ篭漁具はズワイガニ等の水産資源を漁獲し続け、死滅させる、いわゆるゴーストフィッシングが行われることから、水産資源の保存及び管理を図る上で大きな問題となっている。水産庁では、韓国漁船の操業が活発化する期間に重点的な取締を実施する等取締を強化しており、今後とも韓国政府に対して我が国水域における違法操業を予防するための措置の強化を求めていく方針である


4.密漁が後を絶たない要因として、日本海の暫定水域では韓国漁船の過剰な漁獲圧により資源が低位水準にあることが指摘されており
、現在、暫定水域の資源管理措置問題について、両国政府の積極的な関与のもと民間漁業者団体間協議が行われている。韓国側は昨年より暫定水域の一部で小規模ながら独自に海底清掃を実施し投棄漁具を回収する等問題は認識している模様であり、日本側としては当該協議の場等で、当該水域において共同で海底清掃を実施する等の資源管理措置や操業秩序問題について協議の促進を図っていく方針である。


080129-09.jpg
クリックで別ウィンドウ

080129-07.jpg
080129-03.jpg
080129-05.jpg
080129-08.jpg
080129-04.jpg




平成19年の水産庁による外国漁船取締実績について (水産庁 2008/01/29)

水産庁による平成19年の外国漁船拿捕件数は13件、排他的経済水域(EEZ)等で発見された外国漁船によるものと見られる密漁漁具の押収件数は40件となり、拿捕件数・密漁漁具押収件数ともに前年より増加しました。

水産庁では、引き続き、重点的な取締の実施及び海上保安庁との協力等を通じて、これら我が国EEZ内の漁業秩序を脅かす外国漁船の不法操業防止に努めていくこととしております。
 

1.水産庁による外国漁船の拿捕
(1) 水産庁による平成19年の外国漁船の年間拿捕件数は13件(平成18年:10件、国別内訳については下表参照)で平成18年より3件増加しました。

(2) 違反内容別にみると、実際の漁獲量を偽り、少なく記載する操業日誌不実記載(7件)が最も多く、続いて無許可操業(2件)、立入検査忌避(2件:重複含む)、漁獲量超過(1件)、領海内操業(1件)、禁止海域内操業(1件)となっており、悪質・巧妙な違反が依然として後を絶たない状況にあります。

(3) また、我が国EEZ等で違反を現認されたものの自国領海等に逃走したために拿捕に至らなかった事件が4件(韓国3件、中国1件)認められ、外交ルートを通じ当該漁船の船籍国政府に対して取調べ及び処分を要請しているところです。

水産庁による 国別拿捕件数(隻数)の推移

合計

韓国

中国

ロシア

台湾

その他

平成19年

13

11

1

0

1

0

平成18年

10

8

1

0

1

0

平成17年

16

9

2

0

5

0

平成16年

29

14

5

2

7

1

平成15年

35

23

12

0

0

0

平成14年

38

25

12

1

1

0

平成13年

21

17

3

0

0

0

平成12年

21

16

5

0

0

0

平成11年

3

3

0

0

0

0

*拿捕とは、船舶(漁船)を押収し、又は船長その他乗組員を逮捕すること。


2.水産庁による密漁漁具の押収
(1) 我が国EEZ等に違法に設置された外国漁船によるものと見られる密漁漁具押収事件は、40件(平成18年35件、押収数量等については下表参照)でした。

(2) 山陰沖(日本海の暫定水域周辺海域)における韓国漁船の重点取締の実施など違反の頻発する海域へ取締船を重点的に配備しているものの、山陰沖ではズワイガニ狙いの韓国刺し網漁船等の密漁が後を絶たない状況にあり、取締船の摘発を逃れるため、漁具にブイを付けずに海底に設置したり、レーダーマストを高くして取締船の接近をいち早く察知するなど、悪質な事例が多く見られます

密漁漁具の押収実績の推移

件数

刺し網(km)

はえ縄(km)

かご漁具(個)

漁獲物(トン)

平成19年

40

81

80

29,751

25.5

平成18年

35

50

54

7,569

13.4

平成17年

44

88

105

9,124

35.2

平成16年

57

137

166

26,960

70.0

平成15年

67

272

367

17,675

155.5

平成14年

49

235

196

4,025

10.3

平成13年

36

131

141

388

22.2

平成12年

14

55

4

5,472

11.6

平成11年

7

44

4

17

0.6




3.水産庁としての外国漁船取締方針
(1) 水産庁としては、これら我が国周辺水域の水産資源の適切な保存・管理を脅かす外国漁船の違法操業を根絶するため、外国漁船による違反の発生状況等を勘案し、特定の海域・時期に重点的に取締船等を配置し対処するなど効率的かつ効果的な取締りの実施を図っています。

(2) また、漁業取締を担う漁業監督指導官の増員を図るとともに、海上保安庁との連携をさらに密にしていくなど外国漁船取締体制のより一層の強化を図ることとしています。


080129-02-01.jpg


080129-02-02.jpg



こんな↓意識ですから、厳罰で臨むしかないと思うんですがね。


hosute1.jpg
hosute2.jpg
hosute3.jpg
動画(WMV):報道ステーション2008年01月18日放送 〔檀君WHO's WHO


漁業資源を回復させる気ゼロですね。


さらに、取り締まる側がこんな↓ことを言うくらいですからね。(2005/12/05)

sousaken002.jpg




もう、海自に任せましょう。






それゆけ!女性自衛官 海自むすめ (BOX) それゆけ!女性自衛官 海自むすめ

鉄道むすめ Express (BOX) 鉄道制服コレクション 鉄道むすめ vol.3 BOX それゆけ!女性自衛官 公式ガイドブック 〔タカラトミー×ピットロード×イカロス出版 コラボレーションブック〕 (イカロス・ムック) 鉄道むすめ公式ガイドブック リボルテック・セイバー from Fate/stay night

by G-Tools
日本ニュース | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

    管理者のみに表示