FC2ブログ

大阪府知事決定。

2008/01/28 Mon

大阪府知事選、タレントの弁護士・橋下氏が初当選
(読売新聞 2008/01/28)      


 大阪府知事選は27日、投開票され、自民党府連の推薦、公明党府本部の支持を受けた無所属新人の弁護士でタレントの橋下徹(はしもととおる)氏(38)が、民主、社民、国民新推薦で元大阪大教授の熊谷貞俊(くまがいさだとし)氏(63)、共産推薦で弁護士の梅田章二(うめだしょうじ)氏(57)ら無所属新人4人を大差で破り、初当選を決めた。

 2月6日に38歳8か月で知事に就任する橋下氏は、現職では全国最年少で、戦後3番目の若さ。投票率は48・95%で、過去最低だった前回(40・49%)を8・46ポイント上回った。

 大阪再生を最大の争点にした選挙戦は、33年ぶりに与野党が3極に分かれて激突。自民、公明両党は昨年11月の大阪市長選に続く大阪対決での連敗は避けられて安堵(あんど)する一方、衆院選の前哨戦と位置付けて総力戦で臨んだ民主党は気勢をそがれる形となった。

 橋下氏は、茶髪や色付きメガネのスタイルをやめて「誠実さ」を売り込む一方、無党派層への支持拡大をにらんで「政党色」を消す戦術を選択した。

 「(出馬しない可能性は)2万%でもいい」とした態度を一転させたことや、核武装容認発言などへの批判を受けたが、圧倒的な知名度で、20~30歳代の若年層や女性を中心に浸透。自民、公明両党の組織力にも支えられて票を積み上げた。

 一方、熊谷氏は、民主党から全面的に支援を受け、連合大阪や部落解放同盟などとともに組織戦を展開したが、最後まで知名度不足を克服できなかった。

 前回選に続いての出馬となった梅田氏は、2大政党制が進む中で共産推薦候補としての存在感を示すことができなかった。

 同知事選を巡っては、太田房江知事(56)が講師謝礼金を受け取るなど「政治とカネ」を巡る問題で批判を浴び、3選出馬を断念。長年続いてきた「共産VS非共産」の相乗りが崩れた。

 橋下氏は東京都出身。府立北野高、早大政経学部と進み、94年に司法試験に合格。98年に大阪市内に法律事務所を開設した後、日本テレビの「行列のできる法律相談所」などに出演して人気タレントとなった。

 ◆大阪知事選確定得票
 当1,832,857 橋下  徹 無新
    999,082 熊谷 貞俊 無新
    518,563 梅田 章二 無新
     22,154 高橋 正明 無新
     20,161 杉浦 清一 無新




いわゆる改憲右派とされる橋下氏ですが、在日外国人への地方参政権付与に関しては、「特別永住者には与えるべき、永住者には時期尚早」のスタンスなので、“在日”を多く抱える知事として今後どうするのかは注目ですね。




まあ、民主に社民・連合・解同がついた熊谷氏に圧倒的大差で勝ったのはよかったですね。

oosaka02s.jpg





主要各紙とも賛否はともかく、社説で取り上げていますね。


読売新聞 社説
大阪府知事選 財政再建の成果を今度こそ

毎日新聞 社説
大阪府知事選 タレント知事で終わるな

産経新聞 主張
大阪に新知事 関西再興のリーダーたれ

日経新聞 社説2
新知事は府財政の再建を急げ

朝日新聞 社説
希望社会への提言(14)―医療の平等を守り抜く知恵を





朝日新聞だけは「医療問題」でした……。





たかじんのそこまで言って委員会 SPECIAL EDITION II たかじんのそこまで言って委員会 SPECIAL EDITION II
やしきたかじん

たかじんのそこまで言って委員会 SPECIAL EDITION I たかじんnoばぁ~ DVD-BOX THEガォーLEGEND (3枚組) 環境問題はなぜウソがまかり通るのか (Yosensha Paperbacks (024)) 偽装国家―日本を覆う利権談合共産主義 (扶桑社新書 3) あいまいな日本の問題点がスッキリわかる本―辛坊のニュースななめ読み

by G-Tools
WiLL (マンスリーウィル) 2008年 03月号 [雑誌]WiLL 2008年 03月号

WiLL (マンスリーウィル) 2008年 01月号 [雑誌] SAPIO (サピオ) 2008年 2/13号 [雑誌] WiLL (マンスリーウィル) 2008年 02月号 [雑誌] WiLL (マンスリーウィル) 2007年 12月号 [雑誌] WiLL (マンスリーウィル) 2007年 11月号 [雑誌]

by G-Tools
日本ニュース | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

    管理者のみに表示