FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
様変わりする「民泊」  
(統一日報 2008/02/27)   

韓国人観光客 受け入れに一役 工夫凝らしたサービス

 マンションや一軒屋に間仕切りを施し、2段ベッドを数台設置しただけの簡素な宿泊施設。一般に「民泊」と呼ばれている。

 韓国人の経営する「民泊」は、都内だけでも、新大久保のコリアンタウンを中心に100カ所以上あるといわれる


 以前は、在留資格を持たない外国人日雇い労働者の利用が多かったことから、当局から“不法滞在者の隠れ家”と見られもした。韓国からの観光客が増え続ける今、「民泊」はそうした汚名を拭うように生まれ変わりつつある

 東京・新大久保のコリアンタウン。車一台がようやく通れるほどの路地を、スーツケースを持った若者たちが列をなして歩く。「民泊」に向かう韓国からの観光客だ。「一日でも長く日本を体験するためには、何より宿泊費を抑える必要があります。事前にインターネットで調べて、宿泊先(民泊)を見つけました」と、約1週間の予定で日本を訪れた韓国人旅行客の姜裕美さん(大学院生)はいう。「民泊」の料金は1泊平均3000円。ビジネスホテルと比べてもかなり安く、学生にとっては魅力的だ。

 韓国の学校が長期休暇に入る時期になると、民泊は予約でいっぱいになるという

 利用者は学生に限らない。会社の研修でも利用されている。社員研修の宿泊先に「民泊」を利用した韓国のある中小企業の責任者は、「宿泊料を抑えた分だけ、ほかに経費を回すことができる」と、「民泊」を選んだ理由を語った。

 「民泊」のメリットは、安さだけではない。無料で利用できるインターネットや韓国への国際電話サービス、記念撮影用の浴衣の貸し出しなど。言葉が不自由な彼らにとっては、民泊経営者が現地在住の韓国人というのも大きな魅力だ。「帰りに空港までの交通費がなくて相談したら、快く両替までしてくれた。何でも気軽に聞けるし、困った時は頼りになる」と、大学生の鄭昌源さんは話す。

 短期滞在ビザ免除やウォン高で、昨年来日した韓国人は200万人を超えた。民泊は、特に若い韓国人旅行客に愛用されており、韓国人観光客の受け入れに一役買っているといえる

 一方で、民泊同士の競争も激しくなっている。宿泊費は最低限に設定されているが、1軒が値下げすると近隣の民泊も値下げせざるをえない状況だという。ほぼすべての民泊がインターネットで情報を公開しているため、「あの民泊は高い」とうわさになるからだ。

 民泊経営者からは「これ以上、宿泊費を下げたらやっていけない」という声が多く聞かれる。食事を簡素化したり、部屋や備品を新しくしたりと、客をつなぎとめるための工夫を凝らす。旅行会社と提携し、団体旅行客の受け入れにも力を入れている



>以前は、在留資格を持たない外国人日雇い労働者の利用が多かったことから

「労働者」のみならず、こんな↓やつらの潜伏先ですよね。


韓国人すり団、東京の地下鉄構内で催涙スプレー噴射 (朝鮮日報 2006/04/06)

 韓国人4人組みの武装すり団が、6日午前、東京・荒川区のJR西日暮里駅の構内で、警官の職務質問を受けるや催涙スプレーを吹き付けながら抵抗し警官と市民が被害に遭った、と日本の各メディアが報じた。

 4人のうち1人は現場で逮捕されたが、残りの3人は逃走した。逮捕されたのは韓国人の沈平根(シム・ピョングン)容疑者(38)で、警察はこの4人を韓国人武装スリ団と見ている。

 同日午前9時50分頃、東京の荒川区のJR西日暮里駅の構内で、この4人が噴射した催涙ガスで職務尋問をした警官など27人が目とのどなどに痛みを訴え、このうち18人が病院に運ばれた。2人の警察官は首などに火傷を負う重傷。

 沈容疑者は2002年4月にも、日本でスリを働いたとして、窃盗容疑などで大阪府警に逮捕されたことがあり、強制退去後に再び不法入国した可能性が高いと警察は見ている。

 東京警視庁は昨年1年間、東京都内で発生したスリによる被害件数の6425件のうち4分の1に当たる1581件が、韓国人武装スリ団による犯行と推定されるとしている。韓国人スリ犯の検挙件数も2001年の207件から2004年は614人、2005年は941人と急増している。


JR西日暮里スプレー噴射事件 密入国ルート   (統一日報 2006/04/12)
06041202.jpg
化学防護服で催涙スプレー噴射現場を調査する東京消防庁職員(6日、JR西日暮里駅)=聯合ニュース

(略)今回は船による密入国だった。傷害で現行犯逮捕された沈平根(38)の供述でわかった。

 沈平根は韓国でも逮捕歴がある常習スリ集団の一味で、02年大阪でも逮捕されている。昨年秋に仮出所し強制送還されていた。日本への密入国は送還直後というから、その「執念」には呆れるばかりだが、なぜ、水際で阻止できなかったのか?(略)

 新宿入官の関係者は、警察との連係強化をうったえる。
上陸した一味の潜伏、逃亡ルートまで組織化されていると見られるからだ

 「われわれが注目しているのは民泊(民宿型の宿泊施設)だ。民泊して犯行に及び、トンボ帰りで帰るヒットアンドアウェー型のスリが現れている。民泊は大久保あたりに70―80軒。

 情報誌に載っていてそこが隠れ蓑になっている」こうしたスリ集団を取り締まるのは容易ではない。泊り客はほとんど団体ツアー客だ。それにコリアタウンは日本人の目につかないということもある。異文化色の濃いコリアタウンの隠れた一面なのだろうか。(略)





そして「民泊」自体が違法。

盛り場に増える「民泊」 (統一日報 2007/08/29)
  
 
新宿区内に100ヵ所以上存在? 「旅館業」登録は3ヵ所のみ

 韓国人が経営する「民泊」と呼ばれる宿泊施設が増えている。マンションや一軒屋に間仕切りを施し、2段ベッドを数台設置しただけの簡素な施設だ。相場は1泊3000円前後。東京・新宿区など、便利な場所は、特に増加が目立つ。民泊の利用者は、ほとんど韓国人だ。短期滞在ビザ免除やウォン高で、長期滞在の韓国人旅行者は増えている。民泊は彼らにとってありがたい存在だ。だが、届出をせずに営業する民泊も少なくない。不法就労など、犯罪の温床になっているとの指摘もある。

 不法就労などの温床に

 韓国人をはじめ、外国人が多く住む東京・新宿区の大久保・百人町地区。新宿区の保健所に「旅館業」で登録されている大久保・百人町地区の宿泊施設は、約70カ所に上る。旅館業」の登録は、不特定多数から代金を受け取って宿泊させる施設に義務付けられている。民泊も例外ではない。大久保・百人町地区内で、看板などから所在が確認できた民泊は14カ所。そのうち旅館業として登録している民泊は、3カ所に過ぎなかった。

 「消防法や各種安全条例に適っていない施設がある恐れはある」と、新宿区保健所衛生課環境衛生係の守尾輝彦係長は言う。

 保健所としては、「まず許可を取ってもらうこと、それがだめならやめてもらうしかない」という姿勢だ。実際、消防法の基準を満たすための改装に、莫大な費用がかかると分かった民泊経営者の中には、民泊をたたんでしまう人もいた。

 新宿区の警察関係者によると、05年3月の時点で、84軒の民泊が区内にあったという。その多くは看板を掲げておらず、届け出もなかった。現在、新宿区内の民泊は、100カ所以上になると見られている。

 「知らない人がたくさん出入りしていて不気味だ」近隣住民の苦情は少なくない。インターネットで予約してきた韓国人観光客が、ネット上で見た写真と実際の宿泊施設が違っていたとして、民泊経営者とトラブルを起こした例もあった。

 保健所に登録をしていない民泊は、税務署からも目を付けられている。
事業登録がないので、脱税し放題だからだ。
 
 ある入管関係者は、民泊が韓国人犯罪者の拠点になっている可能性を指摘する。入管と警察が、過去2年間で立ち入り捜査を行った民泊は、10数カ所にのぼる。捜査で見つかった不法滞在者は3、4人だけだったという。ただ、問題は不法就労者だ。「来日90日以内の韓国人観光客は、在留資格で見ればまったく問題ない。ただ、民泊の宿泊客のなかには、歌舞伎町の飲食店などで働いている不法就労者が紛れ込んでいるようだ

 この入管関係者は、韓国人武装スリ団が、民泊を拠点にしている可能性にも言及した。

 新宿区保健所の守尾係長は「宿泊料の高いホテルから、安い民泊まで、宿泊施設にバリエーションがあるのはいいことだ」と、民泊の存在自体は歓迎している。 「互いの国の名所・旧跡を楽しんでもらうために作られたノービザ協定を、悪用する人がいるのは事実」
 守尾係長は、民泊が旅館業の登録をすることを期待している。事業の申請・登録を行い、宿泊客が観光以外の目的で来日していないかにも気を配る。民泊側の変化が求められている。






日本には、こんな施設も、こんな所に逗留する“自称”観光客も要りませんよ。




外国人犯罪者―彼らは何を考えているのか (中公新書 1911) 外国人犯罪者―彼らは何を考えているのか
岩男 寿美子

裁判員制度の正体 (講談社現代新書) ベネディクト・アンダーソン グローバリゼーションを語る 日本売春史―遊行女婦からソープランドまで (新潮選書) 入管戦記―「在日」差別、「日系人」問題、外国人犯罪と、日本の近未来 老いてゆくアジア―繁栄の構図が変わるとき (中公新書 1914)

by G-Tools
日本ニュース | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

    管理者のみに表示

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。