FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
「聖火応援隊」やっぱり動員 中国当局が旅費負担
(朝日新聞 2008/04/29)     


 北京五輪の聖火リレーへの妨害を防ぐため、各地の中国大使館側が旅費を負担するなどして、現地の中国人留学生らを大量動員していたことが関係者の話でわかった。「人間の壁」による妨害対策を指示するなど、対処マニュアルも作成。

 各地で赤い中国国旗を振っていた「聖火応援隊」は、やはり当局主導だった

 長野市を走った26日の聖火リレーでは、約5千人の中国人留学生らが日本各地から集まった。東京から参加した複数の留学生によると、前日から夜行バスで向かい、1人2千円の交通費を負担したが、残りの費用は、すべて大使館側が負担してくれたという。

 配られたマニュアルでは、
 (1)聖火が引き継がれる地点にそれぞれ20人ずつ集まって「人間の壁」を
    つくり妨害者の進入を防ぐ
 (2)自分たち以外の大人数の団体を見つけたら責任者に報告する
 (3)不審な物を発見したらすぐに新聞紙や服で包んで排除する

 などと書かれている。

 さらに「体を張って妨害を食い止めてもいいが暴力を振るってはいけない」「大声を出してもいいが、相手を侮辱するような言葉は使わない」など、法律やルールを守るよう呼びかけ、現場でも注意されたという。中国のイメージが損なわれないよう配慮していることがうかがえる。

 関係者によると、パリやロンドンで聖火妨害が相次いだため、各大使館が中国人留学生や華僑を動員し、聖火を防衛することを決めたという。オーストラリアのキャンベラでは1万人以上が、アルゼンチンのブエノスアイレスでも数千人の留学生らが動員された。リレーが通過しなかったカナダやニュージーランドなど15カ所でも、現地中国人による大規模な「北京五輪支持集会」が開かれている。

 24日にあった中国外務省の定例会見で、「中国大使館が費用を負担して現地の中国人を動員しているのか」という記者からの質問に対し、姜瑜副報道局長は「そのような質問をして、どんな意味があるのか」と明言を避けた。



>(1)聖火が引き継がれる地点にそれぞれ20人ずつ集まって「人間の壁」をつくり妨害者の進入を防ぐ
“ムーンマン月男”の「聖火リレー裏話」にマニュアルの実行ブリがでてますね。

聖火リレー裏話 いや結構普通だったよ (探偵ファイル 2008/04/29)

先日26日に行なわれた長野聖火リレー。

世間では暴動的なところがクローズアップされ、ネットでは中国人に暴行を受けたのに警察は一切逮捕などをせず傍観するだけだったことなどが問題として取り上げられ今も活発な議論が続いている。

しかし、全長18.7キロに及ぶコースのスタート地点、長野駅前、中間地点、ゴール地点、以外のどうでもいいといってはおかしいが大半の部分ではほとんど混乱らしい混乱もなく、地元の人たちが特に主義主張なく聖火リレーを見学にきていたというのはあまり報道されない。

コース途中の混乱があまりなかった理由としては、チベット擁護側の人数が中国側に比べ圧倒的に少なかったため、上記の要所要所のポイント以外ではあまりみかけず、小競り合いに発展する要素がなかったためだとはいえる。

ただ中国側はかなり聖火の警護に気をつけていたらしく、一部の集団(路上の片側につき2、30人)が常に聖火の横をガードするように移動を続け、特に聖火のバトンタッチの瞬間などは確実にその場所をふさぎ、手にした中国旗で自分達以外の人間が聖火を見れないようにするなどもしていた。邪魔しやがってクソが。

中国大使館などから護衛の依頼がでていたという話もあるので、彼らは「任務」として真面目に行動しただけかもしれないが、やはり通常の聖火リレーとの差をまざまざと感じさせられる風景である。

ただ、前述した通り、コースの大半の部分では比較的のんびりとした聖火見学が行なわれていたということだけは異常さばかりを伝えるこの流れの中、伝えたい。

ムーンマン月男 聖火を見守る! (前編)




マニュアルどおりですねw。



>「体を張って妨害を食い止めてもいいが暴力を振るってはいけない」
こんな↓ことが日常的におきる国で育った中国人留学生の“暴力”って、どこから?

「患者が死んだのは病院の落ち度アル」遺族100人が病院で大暴れ

ヘルメット姿で医師ら警戒 中国、患者死亡で騒ぎに(共同 2006/12/27)
(略)事故で大けがを負った男性が病院に搬送されてきた後、呼吸不全で亡くなった。病院側は死因などを説明したが遺族は納得せず、20日に約100人が病院に押し掛け、ラッパや爆竹を鳴らしたり、大声で病院側をののしるなどした。

 病院側は警察や地元行政当局に届けたが、取り合ってもらえなかったため、医師や看護師ら病院スタッフ約400人が防衛策を取り始めたという

2006122700429_1.jpg

2006122700429_5.jpg

中国の地上げ屋は深夜営業?

北京で立ち退き拒否の住宅破壊、謎の集団が次々と(読売新聞 2007/05/13)  
 2008年の五輪開催を前に市街地再開発が急速に進む中国の首都・北京で、最近、立ち退き拒否者の住宅が、正体不明の男たちに襲われ、破壊される事件が相次いでいる。(略)

 8日午前2時過ぎ、開発予定の更地の中に島のように残る北京市街北部の集落が襲われた。「1平方メートルあたり3500元(約5万3000円)」の補償金に同意せず、2003年から立ち退きを拒み続けていた住民と、長屋式の平屋住宅を間借りする出稼ぎ農民(民工)の計数十人が住んでいた。名乗らぬ男たちが、6世帯分の部屋から寝ていた人々を引きずり出すと、ショベルカーがでてきて家財道具ごと家をつぶした

 翌9日午前3時ごろ、今度は「20歳代くらいの男60、70人と重機5台」(住民)が侵入。残っていた26世帯分の家屋数棟を5分ほどで壊して立ち去った。 (略)

「働いた分の給料が欲しい」なんて言うヤツは許さないアル!

賃金不払い抗議の出稼ぎ労働者が襲われる (朝日新聞 2007/07/02)  
 2日付の香港各紙によると、中国広東省東部の河源市の水力発電所建設現場で6月29日、賃金の不払いに抗議した出稼ぎ労働者約300人が、シャベルやおのを持った暴徒約200人に襲われ、6人が死傷、2人が行方不明になった。(略)


“暴力とは?”
    
(`ハ´) 「金属製のモノで殴る」
    <`∀´> 「木製のモノで殴る」
    (・ω・) 「素手で殴る」

韓国での中国人留学生の暴れっぷりを見ると、「(留学先の民度+育った所の民度)÷2」くらいですかね?



こんなマニュアルがあり、マニュアルどおりに動く留学生と監視員とおぼしき中国人いて、
日本人を規制することが活動の中心になっていた長野県警をみると、



trjhfsgh.jpg 「大きな騒ぎは起きないようにするアルから
        長野県警は小さな騒ぎには目をつぶり、
             中国人を拘束しないようにするアル」




と、事前に通達でもあったんじゃないかと思ってしまいますね。




異形の大国 中国―彼らに心を許してはならない 異形の大国 中国―彼らに心を許してはならない
櫻井 よしこ


韓国の品格 私は金正日との闘いを止めない―米中の宥和政策にも負けない 「気づき」の力―生き方を変え、国を変える アメリカ狂乱 次の大統領統は誰か 日本人の美徳 誇りある日本人になろう (宝島社新書 262) (宝島社新書 262)

by G-Tools
中国ニュース | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

    管理者のみに表示

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。