FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
冒頭から混乱の長野聖火リレー、出発式では火種が消える
(AFP 2008/04/26)    


 長野市で26日に行われた北京五輪聖火リレーは数々の妨害行為を受けたが、出発式では装置の不具合で一度は火種が消えるハプニングが発生した。この失態はテレビ放送で放映された。

 青のジャージーを身につけた聖火警備隊の隊員は、出発式の壇上に注意深く聖火の火種を運び、走者が運ぶトーチに火を移そうとしたが、火種はあえなく消えてしまった。聖火警備隊の1人が慌てて予備のランタンの火種を持ち込み聖火は無事にトーチに灯された。(略)

zgffbfbsrttthr.jpg


聖火リレー騒然、もみあい・小競り合いで4人けが (読売新聞 2008/04/26)

 北京五輪聖火リレーが26日、長野市で行われた。「平和の灯」である聖火は、約100人の警察官らに取り囲まれ、厳戒態勢の市街地を走った。

 沿道には全国から集まった中国人留学生らが並び、チベット支援者らとの間で小競り合いが繰り返され、コースに飛び出すなどした男3人が威力業務妨害容疑で現行犯逮捕された。また、長野市消防局によると、4人のけが人が出た。いずれも軽傷とみられる。

 聖火は午前8時26分、善光寺の辞退で急きょ出発地点になった長野県勤労者福祉センター跡地をスタート。第1走者の星野仙一・五輪野球代表監督が警察官に守られ、約18・7キロのコースに走り出した。トーチは、一般公募を含むランナー計80人が引き継ぎ、予定より15分遅れの午後0時30分、ゴールの若里公園に到着した。

 途中では、妨害行為もあり、午前8時45分ごろ、第10走者のタレント、萩本欽一さんが長野駅前の中継地点に差し掛かった際、隊列にビラなどが投げ込まれるトラブルがあった

 長野県警によると、長野駅前で同じころ、プラカードを掲げて車道に出てきた日本人の男(30)を逮捕。午前9時5分ごろには、同市柳町で、第19走者の卓球の北京五輪代表・福原愛選手の前に飛び出した台湾出身の男(42)を取り押さえた。午前11時10分ごろにも、同市南長池で、第51走者で技能五輪国際大会の金賞受賞者・畑弾手(だんて)さんが通過した際、卵を投げた日本人の男を逮捕した。

 長野市消防局によると、リレー開始前の午前7時前、同市中越のコース沿いで中国人留学生のグループと右翼系の団体がもみあいになり、中国人留学生の男性が額を4~5センチ切るけがを負った。

 沿道には大小の中国の国旗が林立。「聖火を迎え、分裂に反対する」と書かれた横断幕も掲げられ、中国では誰もが知っているという「祖国を歌おう」の大合唱が市街地に響いた。李光哲・全日本中国留学生学友会長によると、3000~4000人の中国人留学生が集まったという。

 群衆が沿道の両側を埋めた長野駅前では、隊列が通り過ぎた後、「ワンチャイナ」と叫ぶ中国人留学生の集団と、「フリーチベット」と訴える人たちの間で、小競り合いが1時間以上、続いた

 ◆中国人留学生らゴールに1000人以上

 若里公園の到着式会場前の芝生には1000人以上の中国人留学生らが集まり、聖火を手にした最終走者が到着すると、中国国旗を振って声援を送った。

 会場の一部では、中国人留学生らとチベット人を支援する支持者らが50メートルほどの立ち入り禁止の区域を挟んで向き合い、互いに中国語などでシュプレヒコールを上げた

 聖火台に点火され、到着のイベントが進むたびに、雨の中、大歓声が続いた。


naganoseika009.jpg

athrarbbbrtttt.jpg

athrrrhybwst.jpg

vip803478.jpg

vip803490.jpg

org26417.jpg

1209183766198.jpg

viploader2d361174.jpg

uporg1387386.jpg

naganoseika024.jpg

naganoseika027.jpg


viploader2d361179.jpg

uporg1387700.jpg

oth0804261145018-p2.jpg

vip803530.jpg
 

viploader2d361272.jpg

現地に行かれている“泳ぐ鳥(よろず屋 BEBOP)”さんから、
ゴール地点の若里公園で「日本人締め出し」がおこなわれているとの情報↓。

gzdnhaghrf.jpg


>第19走者の卓球の北京五輪代表・福原愛選手の前に飛び出した台湾出身の男(42)を取り押さえた。
↑の詳細↓

216760.jpg
naganoseika032.jpg

「フリーチベット」の叫び届かず亡命2世 泣きながら乱入 聖火リレー(産経新聞2008/04/26)

 ハプニングは突然起きた。JR長野駅や善光寺周辺と比べて、比較的観客の数が少ないコース中ごろの沿道。「フリーチベット!」。チベットの旗を握りしめた男がロープをまたいで車道へ飛び出し、聖火ランナーの列に飛び込んだ。警官隊に取り押さえられ、地面に顔を押さえつけられながらも、「フリーチベット」の泣き叫ぶような声は消えない

 男は、台湾に住む亡命チベット人2世の古物商、タシィ・ツゥリンさん(38)。「私はオリンピックに反対しているわけではない。ただ、チベットの惨状を全世界に訴える絶好の機会だと思っている」。この日朝、沿道の別の場所でチベットの旗を広げていたタシィさんは記者にそう話していた。

 タシィさんは、中国のチベット侵攻後の1959年、チベットからインドに亡命し、その地で生まれた。紛争は直接経験していないが、父親の壮絶な体験がタシィさんの心に刻み込まれている。

 父親は紛争の最中、政治的理由で中国公安当局に拘束され、死刑を宣告された。しかし執行の前日、一か八か、小さな窓から絶壁に向かって飛び降りて脱走、一命を取り留めた。その後、夫婦で当時7歳だった兄を連れて2週間かけて、命からがらヒマラヤ山脈を越えたという。

 「チベット独立は両親の悲願でもある。それを実現するためには、残りすべての人生を犠牲にする覚悟がある」

 チベット難民として暮らしたインドでは、常に「どこにも所属しないホームレスのような感じだった」。しかし、ダライ・ラマ14世の言葉に接し、考え方が変わった。「チベットはチベット人のもの。暴力を使わず、平和的に訴えることで、私たちの『自由』を取り戻したい」。

 タシィさんは25日夜に長野入り。タイの聖火リレーでも抗議活動に参加したが、そのときと比べると、日本のほうがチベット支援者が多いことに驚いたといい、「応援してくれる日本のみなさんに感謝している」と述べていた。(略)




結局、逮捕者は5人だったようですね。

トマト投げた男、飛び出した男も逮捕…計5人に (読売新聞 2008/04/26)

 26日正午ごろ、長野市若里の聖火リレーコース沿いで、日本人の男がトマトを投げた。長野県警は男を暴行容疑で現行犯逮捕した。

 同じころ、現場付近で、聖火ランナーが通る際に、日本人の男が車道に飛び出した。県警はこの男を威力業務妨害容疑で現行犯逮捕した。 聖火リレーを妨害しようとするなどして逮捕されたのは、これで計5人となった



善光寺ではリレー開始時刻にあわせて追悼法要↓。

善光寺でチベット暴動の双方の犠牲者を追悼する法要 (信濃毎日新聞 2008/04/26)
 
 聖火リレーコース沿いの騒がしさをよそに、出発地を辞退した長野市の善光寺では、リレー出発式の開始時刻に合わせて午前8時15分から、チベット暴動の犠牲者を追悼する法要が静かに営まれた。

 把握できたチベット民族、漢民族双方の犠牲者の名前と年齢が読み上げられる中、30人余の僧侶が本堂内々陣で読経。

 在日チベット人も含む約400人の一般参加者が両手を合わせて祈りに加わった
。リレーを追うヘリコプターの音が本堂内にも聞こえてきた。

fdahbrth.jpg

 チベットの旗を携えて和歌山市から夫と中学3年の娘の3人で参加した女性(46)は「読み上げられる名前を聞いて、多くの方が亡くなられたことをあらためて感じた」。東京都のヨガ講師の女性(40)は「手を合わせながら『争いのない、落ち着いた世界をください』という思いが自然にわき上がった」と話した。

 この法要は、県民有志の「チベット問題を考える長野の会」と、善光寺の住職らでつくる「平和を願う僧侶の会」が「日本中の人が注目している時間に平和の思いを届けたい」と開いた。

 これに先立ち、善光寺近くの西方寺でも、午前5時すぎに首都圏から到着した在日チベット人ら約30人を本堂に迎えて追悼法要が営まれた。






おまけw↓

何者? 目的は? 「黒タイツ男」職務質問の瞬間 (産経新聞 2008/04/26)
 
 彼は何がしたかったのか。中国やチベットの旗を振る人の群れの中で、全身黒のタイツに三日月型の銀のお面をかぶったコスプレ男性が、沿道を疾走する姿を目撃した。

naganoseika043.jpg

 すると、警察官3、4人に取り囲まれ職務質問され始めたため、テレビカメラのクルーなどとともに追いかけ、連行される直前に“激写”した。異様な姿に動揺しながらも、夢中でシャッターを切った。

oth0804261224022-p3.jpg

>彼は何がしたかったのか
「見守りたかった」↓ですね。

fadhdfd.jpg
《探偵ファイル 「あぶない探偵」ムーンマン月男 予告!/大住》

月のように優しく見守る男、その名はムーンマン月男!!
ムーンマン月男 小学生を見守る!
ムーンマン月男 夜道を一人歩きのOLを見守る!
ムーンマン月男 ガチで国会を見守る!!
ムーンマン月男 あいりん地区を見守る!



さらに・・・

o-bu02.jpg
o-bu03.jpg
o-bu05.jpg
 

やる夫オプーナバージョンw



マスコミのインタビューに答えようとした中国人留学生のところに
どこからともなくスーツ姿の中国人があらわれて一言↓。

img20080426213859.jpg




IMG_9914.jpg
リクエストがありましたので追加。



“泳ぐ鳥”さんが現地に行かれてますので要チェック→「よろず屋 BEBOP




選手も観客も命がけの北京五輪 オリンピックどころじゃない中国の真実!
選手も観客も命がけの北京五輪 オリンピックどころじゃない中国の真実! (別冊宝島 1508 ノンフィクション) (別冊宝島 1508 ノンフィクション) 温暖化を食いものにする人々 地球温暖化という“都合のよい真実” (別冊宝島 1507 スタディー) (別冊宝島 1507 スタディー) 誰も報じない中国の真実 (OAK MOOK 180 撃論ムック) 日本人のはまる健康の落とし穴 「メタボ」「血液ドロドロ」「コレステロール」「アンチエイジング」…みんな怪しい! (別冊宝島 1506 ノンフィクション) (別冊宝島―ノンフィクション (1506)) 崩壊する中国逃げ遅れる日本―北京五輪後に始まる戦慄のシナリオ 教科書が教えない日本被虐史 拉致と侵略 (OAK MOOK 199 撃論ムック)
中国ニュース | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

    管理者のみに表示

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。